2016年10月30日

12才)くま色つき

色塗りました。
九州のじいさんへ。

161030bearcolor.jpg
posted by miyuki at 16:57| Comment(0) | 作品集

2016年10月29日

12才)デッサン、くま

161029bear_n.jpg

部屋の机に置いてあるくまをデッサン。額に入れて九州のじじに送ることにしました。

最近中学校の美術でデッサンをしているようで、とても楽しいようです。
美術に関しては先生に褒められることが多いです。
同居している叔父が美大だったので、絵がうまく、時々絵画談義で盛り上がっています。
posted by miyuki at 23:29| Comment(0) | 作品集

マンガ

マンガに疎い母にかわって、友達がおすすめマンガをリコに差し入れてくれます。
勧めてもらうマンガはどれも気に入って読んでいますが特に蟲師が好きなようで
全巻そろえて持っていたいというほど。

そして東村アキコさんのかくかくしかじかも好きなようです。
先に全巻読み終えたリコは、本を母の元へ返しに来ました。
それを待ってましたと言わんばかりに、妹のユイがむさぼり読んでました。

自分の気に入ったマンガをユイが読んでいるのは、本当はいい気がしていないはずだけど
なにしろそれは自分の本じゃない、借りたやつだしユイが読んでも文句は言えない。

夜遅く、仕事場にリコがやってきて、ものすごく真顔で

ユイがさ、かくかくしかじかの5巻(最終巻)を読んでたんだけどさ、
ぜんっぜん泣いてないんだけど…あたし、泣いたんだけど?!

となにか不満めいたいいっぷりで報告してきました。

…笑。

まあ、いいたいことはわからなくはないけど、
ユイだって最後は泣きたかったけど我慢していたのかもしれないし
まあ、いいじゃない。

「リコは泣けたんだ、そんな本に出会って良かったね。
泣けるのは良いことだよ」

と言うと静かに去って行きました。

リコにいろんなマンガを薦めてくれる友人に(重たいものをチャリで運んでくれて)
感謝感謝です。
posted by miyuki at 23:18| Comment(0) | 中一

2016年10月26日

今日の忘れ物

今日の忘れ物。

カウンターに置いた水筒。これはまあしょっちゅう。

国語の一式。

そして、今日はびっくり制服のワイシャツ。

体操服登校で、制服を着替えとして持っていきましたが、
はいワイシャツを忘れました。
仕方がないので体操服の上にブレザーを着て、
何人もの人に「あれ?なんか違うよね」と言われたらしいです。

「あたし、痴ほうかも」

という一言を残して部屋に去っていきました。

posted by miyuki at 00:16| Comment(0) | 中一

2016年10月24日

わすれものが多い人

あたし、最近毎日忘れ物してるんだよね−。
なにか必ず忘れる。二つくらい。
今日は算数と国語の教科書忘れたから借りた。

というリコの悩み。

横で姉のミチが、あたし忘れ物絶対にしないよ、といばっている。

そうだね−。リコは忘れるよね。
そもそも忘れ物をする人はするんだよ。
あと思い込みね。ここに置いたはずだって言う思い込み。
だいたい違ってるよね。
忘れ物しない人は、頭の中にリストがあってそれを意識的にチェックしてるけど
リコはそれがないんだよ。
忘れ物したくなかったら、リストにしてチェックするしかないんじゃない?
忘れ物をする人だからいつも空想してるし絵とか描けるんだよ。

横でミチ、あたしほんと絵描けない、といばっている。

だから、忘れ物をする人でいいんじゃない。
芸術的に優れているのは忘れ物をするからだよ。

という母のなぐさめは、間違っているかな…。




posted by miyuki at 11:47| Comment(0) | 中一

土曜日の予定を言って欲しい

先週土曜日、小学校は学校公開で三女は登校日でした。
だからいつも通り起きて、ユイを起こして、送り出した後は
ソファーで二度寝。
平日でも子どもたち全員が出払った後(←全員バラバラのところに出かけるので
全送り出しに3時間くらいかかっている)、ソファーで二度寝するのが
気持ちよすぎて、いかにその誘惑と戦うかが母の日課です。

ま、土曜日だしほかはまだ寝てるし、当然二度寝。
そうするとしばらくして、リコが「今日9時から部活なんだけど!」と
リビングに入ってきました。は?すでに9時だし。

部活があるって聞いてないけど…。
「言う必要ないと思ったし」

言ってくれないと基本的に部活はない、と思うんだけど…。
「言わなくても自分で起きるし」←起きてないじゃん!

部活があるときは、ちゃんと前日に言ってよ。
言ってくれたら起こすんだけど。
ユイは学校だからちゃんと言ってあったから起こして行ったんだよ。
だから部活があるときは言ってください。
「しつこいし」

ってなわけで、部活だったらしいので先生に遅れますとメールをして
遅刻しました。

ユイを送り出すとき一瞬、リコは部活はないのかな〜?と思ったんだよね。
でも部活があれば言うだろう、とも思ったんだよね。

甘いな、わたし。

posted by miyuki at 11:35| Comment(0) | 中一

たまにはお休み

今日はめずらしく学校を休んで在宅中。
ついでに四女もお休みして、二人で耳をすませばを観ています。

少し風邪気味なのと昨晩熱があったので、休んだら?というと素直に休みました。
リコが風邪っぽいとかだるいとか言ってくるとすぐに
「休んだらいいんじゃない?」と言ってしまいます。
たまには学校休めばいい。熱じゃなくてもたまに仮病でも休んだらいいんじゃないかと思う。
だからすぐ「休めば?」と。
そうすると「なに、そのゆるさ」とリコにさえあきれられます。

わりと健康体だった母の中学時代、わざと休むためにちょっと悪さをして
休む口実を作っていました。悪すぎてここでは言えない…。
それをリコに話すと、食べてたものをぶっと吹き出して信じられないという顔をして
さらにあきれられました。

小2のときに、聴覚過敏改善トレーニングで通ったところの先生が最初に言われた
「学校は半分行ければいいと思いましょうよ〜」というゆるい言葉が
いつも支えになってます。

***

で、一緒に観ていたはずのDVDですが、途中で四女が泣いて退散してきました。
なにやらひどいことを言われたようで。
リコと一緒には無理だな。
posted by miyuki at 11:25| Comment(0) | 中一

2016年10月22日

目的にまっしぐら

リコはよく、暗い部屋で本を読んでいたり、宿題をやっていたり絵を描いてたりします。
あまりにも暗いのであわてて電気をつけてあげます。
「ちょっと、目悪くなるよ!!明るくしてからやってよ!!!」
もう何回言ったかな。

で、母のわたし。
制作物を作る部屋で深夜にちょっと制作していると、夫がきて
「ちょっとちょっと!電気つけてよ!!なんでこんなに暗いところでやってるの!!!」
と言われる。これ何度言われたかな。
あはは、リコと同じだ。
「それ、私、リコにいつも言ってるんだよね」と苦笑です。

だからリコが電気つけない理由がよくわかるww

こんなふうだから、夫からするとリコとわたしはほとんど同種にしか見えないらしい。
posted by miyuki at 11:23| Comment(0) | とりまく家族のこと

洗濯物

母のわたしですが、洗濯物を干すのが苦手です。
家事全般好きじゃないですが、特に洗濯物。
特に濡れた洗濯物が触れない。
手のひらはくらいまでは触れるけど、腕とかに濡れたものが当たるときもい。
だから、裏返しに脱がれたズボンやらシャツやら、
手を入れて返すことができないです。
だからそのまま干す。
子どもたちに、裏返しに脱がないでと言っても
だいたい裏返しだな…。
自分も小さい頃から皮膚感覚が過敏で、幼少時のある不快だった服の感覚とか今でも覚えてます。
小学生の頃は大丈夫な2着の服のみを一日置きに着ていたし。
最近はほとんどそういう不快感は感じていないけど、
濡れた洗濯物だけは毎朝格闘。
posted by miyuki at 11:17| Comment(0) | とりまく家族のこと

2016年10月21日

おっとそれでブラッシング

一番先に登校の準備をする長女が
「ねえ、これみて、リコだよ」とヘアブラシを見せてきた。
あちゃー猫の毛だらけ…。
どうやら、ヘアブラシで猫ちゃんをブラッシングしたらしい。
毎日姉妹も母も使っているヘアブラシ…。
なんでそんなことするかな−、もうっ!と長女と母でちょっとイラッとしました。
起きてくるリコにやめて!と言うこともできた。
が、ちょっと待て。一呼吸置いて、リコの気持ちをおもんぱかり
そもそも猫はリコのために飼っているようなものだし、
リコが猫をブラシしている間は、リコはリラックスしていたはずだし
猫とリコのうれしい交流時間があったわけだし、とポジティブに考え
リビングに来たリコに
「リコちゃん、今度ヘアブラシ新しいの買うけどさ、それまではこのブラシ
みんな使うから、この毛、爪楊枝で取ってくれる?」と
猫なで声でやさしく言ってみました。
すると「あ、うん」と言って熱心に毛を取り始めて、最後まできれ〜に
掃除してくれました。
ほ〜よかった。
これで母と長女でクレーム言っていたら、リコは猛反発して
かたくなになってブラシの掃除も絶対にしなかっただろうな。

今朝の母の対応、100点だな。
目を合わせて言わなかったから90点くらいか。

ついでに、普段ブラッシングをしない猫なだけに
「猫ちゃんはブラシ嫌がらないの?」と聞いてみると
「すっごい気持ちよさそうで、ごろーんってしてた」
だそうです。
こりゃ猫用のブラシを買ってあげなきゃ。

猫はリビングから出さない、部屋に連れ込まないというルールを
時々無視してリコは自分の部屋に猫を連れ込んでいる。
潔癖の父としては許せないだろうけど、
リコが猫と一緒にいたいという気持ちは大事にしたいと思うので
母的には良しとしています。

14731233_551513615041410_1581657911470019066_n.jpg

ピアノと猫ちゃん



posted by miyuki at 23:58| Comment(0) | 中一

2016年10月16日

妹の苦悩

だいたいきょうだい間のトラブルについては、本にも書いてあるし
専門医も承知です。
特に一人を愛着や攻撃の対象にする場合は物理的に距離を置くのがいいみたい。
だからリコは特別に離れた場所に個人部屋、妹のユイはこれまで通り一部屋を
残りの姉妹で共有。
ユイなんて、1メートルくらいの幅の机、それも普通のよくある学習机ではなく
父さんが組み立てたエレクターの机(←最近これが友人の大きながっしり机からすると
貧弱だと気づいたらしくちょっとクレームあり)に、ぐるっと紺色のカーテンをつけて
「個室」としている。
基本的にリコは自分の部屋で大半の時間をすごすわけですが、食事の時やピアノを弾くときは
リビングに来る。ときどきは気分転換に勉強するために来る。
リビングにいるのは別にいいんだけど、ユイの話や行動にいらいらしている風情を見せるのが
なんとも腹立たしい。
またタイミング悪くめったにピアノをさわらないユイが、ピアノをいじっていたものだから
リコのイライラはピークで、かといってもうユイに話しかけることはしないので
怖い目つきでユイとは反対の方をにらんだりする。そうやって周りのものにイライラを知らせる。

ユイはそういう態度を敏感に察し、気づくと自分の「個室」で泣いていました。
そしてリビングに来るときはそーっと様子をうかがって、リコがいないかを確かめてから
ビクビクしながら入ってくる。
不憫だな〜。

妹が個室にいる間に、リビングではリコが悪態ついて「あいつ」呼ばわりしながら
ユイの悪口を言っている様子。
「部屋にもどってよ」「あいつとか言うなら出て行ってよ」
ついリビングから排除してしまいますね。

まあ腹立つやら悲しくなるやら。



posted by miyuki at 22:58| Comment(0) | 中一

2016年10月15日

月がきれいだった

昨晩の月はきれいだったようですね、私は見てないですが。

リコは部活から帰ってくるのがだいたい7時頃、もう真っ暗です。
帰って来るなりばば(同居のおばあちゃん)に「今日の月すごくきれいなんだよ」と
話したらしく、「風流なひとだねぇ」と感心していました。

一緒に帰ってきていた友達にそう言ったら、
「天然だね」と言われたらしく、ちょっと解せない感じでした。

リコのこういう感性、良いなあと思います。


posted by miyuki at 11:48| Comment(0) | 中一

2016年10月14日

朝の日課

リコと四女イマの日課に気づいた。

朝起きてきて、まず「ミチは?」と高一の長女がどうなっているかを聞いてくる。

いやすでに起きて学校行ってますけど…。

4才が聞いてくるのはまあわからなくもないけど、
リコまで毎日聞いてくる。
ちなみに三女はそんなわかりきったこと聞いてこない。


posted by miyuki at 13:33| Comment(0) | 中一

2016年10月13日

合唱祭

今日は学校とは違う場所で合唱祭。つまりは文化祭です。
合唱部の責任感からか、クラスの合唱委員をかってでて、結構自爆しまして
なんとか今日までがんばってきました。
各学年クラス発表の後には、合唱部のパフォーマンスをやります。
これはかなり見応えあるので、とりあえず母はそれだけ観に行く。

朝からいつものごとく準備できてなくて、家を飛び出した直後にインターホンで
「合唱部用の靴忘れた!学校においてきたかも!!」って。
直接会場に行くのに、もうダメでしょ。
仕方がないので、たまたま熱で休んでいる姉のローファーを借りて慌てて出かけました。
高熱中の姉が薄目を開けている隙にその旨を説明。ものすごくいやな顔をしていた、笑。

で部屋に侵入してみてみると、ちゃんと合唱部用のローファーがいつもの袋に入って
下げてありました。
いつも「○○がない!ここに置いたんだけど!!(おかあがどこかやったんでしょ)」
って言われるけど、だいたいね、部屋にあるんですよ。
置いた場所の勘違い、まじ多い。
灯台下暗し、詮索物目の前にあり、近くて見えぬは睫。

***

合唱祭ではにこやかに歌っていました。
夏のコンクール時は咳で口パクしてたけど、今回は歌ってたかな。
楽しいメドレーは笑顔もあり。
posted by miyuki at 09:49| Comment(0) | 中一

2016年10月09日

高一発熱

ひさびさに、PFAPAっぽい熱が出ています。
3、4日続いている。
ただ咳もしているのでなとも言えないけど、
のどが赤く溶連菌検査したけど陰性。
午前中はわりと楽で午後から熱が上がってだるくなるので
こいつはPFAPAらしいぞと本人が言ってます。

その後。。
やっぱり熱が続き、ついに連休明け学校を休みました。
予備校並みに授業を進める高校らしく、授業を受けたいようだけどこの熱とだるさじゃあ。
妹の咳とPFAPAが重なってるようで、悪化してます。
基本ソファーに寝っ転がっていて、この様子、なつかしいというかなんというか。
小さい頃からいつもソファーに寝ていたからな。
違うのは、体が大きくなって入りきらないってことだな。

結構なだるさに、「まさかこれ、PFAPAがぶり返すんじゃないよね?」と
本人心配してます。
そりゃないと願いたいけどねー

***
その後。
6日目にしてまだ高熱。
これはマイコプラズマ肺炎かもしれないので病院へ再び〜

結果、気管支炎でした。咳、つらそうです。
2年前、わたし気管支炎から軽い肺炎になって肋骨2本折れましたから…気をつけないと。



posted by miyuki at 21:49| Comment(0) | PFAPA周期性発熱

2016年09月20日

悲愴

夏の音楽の課題で、ベートーベンの悲愴について、その背景などを調べ
感想を書くというのがあり、ネットを駆使してまとめました。
それが音楽の先生からとても褒められたらしいです。
何を書いたのか知らないけど、わりと厳しい先生なので
褒められて素直にうれしい。
そして何かに提出するとのことで原稿用紙を5枚もらってきて、へこんでいました。
書かなくてもいいって言われたしっ…ってなんか後ろ向き。
音楽については九州のじじに手紙で時々感想を書いているようで、
感動して涙が出たとか良かった音楽について記して送っています。
その素直な感性で、もらった原稿用紙5枚、ぜひがんばって書き上げてほしいと思います。

苦手な社会とか理科とかはまあ適当でもいいから、
音楽や絵は多少大変でも仕上げてほしい、で、リコから何が出てくるのかみてみたい。

中間テストの直前に一日がかりで描いていた絵も、これが長女であれば
それは後回しにテスト勉強を!と声かけるところですが、
リコにはテストも大事だけど絵を描き上げる方も大事な気がして
つい母まで作品仕上げに荷担してしまいました。

後になって勉強してなかったと焦ってましたけどね、それでいいんではないでしょうか…
posted by miyuki at 12:23| Comment(0) | 中一

2016年09月13日

どんな基準だか

子どもたちのお友達のお母さんやお父さんのことを
夫になにげなく話しているときに、
横から

「その人はお金持ち?お金ある?」

と聞いてくるの、やめてほしい…。
そこが重要なのか??

なにをして稼いでいるのかが気になるところなんだな。
自分はどうやって将来生きていけばいいのか、かなり心配があるようだし。
posted by miyuki at 22:12| Comment(0) | 中一

ものわすれ〜わすれもの〜

なんかいろいろ忘れます。
学校で他の教室で委員会があって、その教室に持って行った、水筒やらの手提げを
教室のどなたか3年生の机に掛けたままわすれて帰ってくる(しかも金曜日に)、とか
部活に水着を忘れて帰ってきて先生から電話をいただく、とか
理科のノートがない!ないんだけど!(母のせいにしておる)と騒いだり、とか
体操服ここに置いたんだけど、どこ?!(母のせいかまた)と慌てたり、とか
まあ、要は自分でどこに置いたかわからなくなったり、置いたつもりだったり
忘れたり、ってことが、特に最近目立ちます。

今朝は登校時玄関先から内線で「水筒は!持ってきて」というので
ピアノのところに置き忘れてある水筒をもって玄関で渡しました。
やれやれ〜とリビングに戻ると再び内線が…
「ねえ!水筒は!!!ないんだけど!!!」
「え、今渡したけど!」
「ない!ねえどこ!!!ないんだけど!」
「いやここにもないんだけど!!」
とないんだけど合戦になってしまいました。笑
ほんの数十秒間なんですけどね、鞄にしまったことを忘れてる、
というか無意識すぎて入れた感じがしなかったんだな。

水筒を渡すときに「エアコン、つけっぱなしやめてね、リモコンは一応預かっておく」と
母が同時に言ったから、そっちに気を取られて水筒が意識から完全に消えたと思われます…

毎朝、毎夕なにかしら「ないんだけど」があります。とほー
posted by miyuki at 22:06| Comment(0) | 中一

2016年09月06日

日程把握

一週間前ごろ、中間テストはいつ?と聞くと
「来週くらい」と答えました。
どうも日付をちゃんと把握していない。
スケジュール帳も学校から配られてもっているはずなのに、
大事なテストの日程を、一週間前ですらちゃんと知らない(・д・)

で、明日はその中間テスト。
朝、明日テストじゃん、と振ってみると「あさってだよ」と。
いや、明日でしょう。
水曜日、明日5教科のテストだよ。

大事な日程は一日一日、その日が迫ってくるのを体でもって
体感している私としては、なんてゆるい日程把握だろうとあきれてしまいます。

思うに、幼少から顕著だった「時間の感覚がない」ってのが
今もまだずっとあって、たまたま毎日の流れのなかでうまく時間を理解しているように
見えているだけなのかもしれない。

だから明日、あさっての感覚がない。
一週間先なんてそんな先のことわからない。

きっとそうなんだな〜しょぼーん。
posted by miyuki at 18:08| Comment(0) | 中一

2016年09月03日

13才)中間直前

2016-09-03 (3).png

来週から中間テストですが、気晴らしになるようで絵も描いています。
女の子と蝶は別の紙にかいてあって、それをフォトショップで組み合わせ、母が
リコの指示に従って光やぼかしを入れたり、茎の色を少し薄くしたりしました。
イメージがしっかりできあがっているのでそれに近づけるために指示がめちゃ細かいです。

posted by miyuki at 18:10| Comment(0) | 作品集