2012年11月11日

狭いところ

四女のイマも今月1才になります。
ハイハイも上手になって好きなところに移動できるわけですが、
最近、ゴミ箱を入れているボックスの中に入ることがあります。
アハハと笑って見てますが、あれ、これってどこかで見たことある。
そうだ、リコもハイハイの頃、この狭い場所が好きでよく入っていました。
リコの狭いところ好きは今でも変わらないからね…。

試しに洗濯物カゴを横にしてイマの前に置いてみました。
すると「よっしゃ」という顔をして入りました。

姉たち3人の赤ちゃんの頃を全部覚えているわけではないけれど
それぞれに個性があって、イマを見ているとああだったこうだったと
比較して思い出します。

リコのハイハイは片足が立て膝になった状態でした。
結局治らないうちに歩くようになったかな。

リコの聴覚過敏の兆候は6ヶ月くらいからあったので
イマにはそういうところがないなと感じます。

金切り声で泣き続けるのは3人姉たちにはない、イマの特徴かな。

2009年11月28日

バブ

いつもは先にお風呂に入る子供たちが入れるバブ。
今日はなぜか入れられていなかったので、私が入れました。
ブクブク泡ぶく様子をみながら、リコの小さい頃を思い出しました。
2才頃だったか、お風呂にバブを入れるとその泡の様子に険しい顔になり
そのうち恐怖の顔になり、パニックになりました。
そして色づいたお風呂を本気で怖がり決して入ろうとしませんでした。
こういうことがしばらく続いたので泡モノはやめたのですが、
いつの間にか平気になりました。
今では、自分でバブを入れないと気が済まないほどに固執しています。

2009年01月12日

ジャーゴン

幼稚園に入る前だったか入ってからだったか、こちらが話しかけると
ヘンな音で返事をする時期がありました。
「アギュ」「ウギュ」とか普段の生活では聞かない音。
いろんなバリエーションがあり、ニタニタしながら言っていたので
ふざけているのかと思っていました。

後になって知ったのですが、日本語にはない、そしてどこの国の言葉にもない
音の連なりを、あたかも意味のある話し言葉のように「話す」ことを「ジャーゴン」と言うそうです。

アスペルガー症候群の特徴の一つとして話しことばの発信の問題があります。
言葉の遅れでは説明のつかない、やりとりのできなさや奇妙さ、独特の言い間違いをすることがあります。
「ジャーゴン」はそのなかの一つと捉えられます。

最近(年中)では音で返してくることはなくなったように思います。

2008年10月23日

家での様子

【家での様子】

□靴下の縫い目が気になる。気になりすぎるとはけない、発狂(大粒の涙を流してどこにもいかない〜と泣き叫ぶ)
すんなり履けるときもある。
□洋服のタグが気になることが多い。
□0.5ミリの小さな傷でも「治る?」とパニック気味に心配する。風呂にはいると泣き叫ぶ
□風呂で小さな虫さされの傷などに水がかかると痛いと泣き叫ぶ(ほぼ毎日)
□姉妹にしょっちゅう口げんかをしかける
□ゲームを取り乱すことがある。ルールを守れないことがある。
□すごろく… 後ろに進んだりする
□オセロ…置く場所がわからない。ルールが理解できない?関心がない
□カルタ…強い姉とはやれない。競うのが苦手。一人や妹が相手だとだと楽しくやれる。
カードをさがすのに時間がかかることがある。
□神経衰弱…ルールを守れずこっそり見たり、3枚開いたりする。声をかけ続けるとわりと集中してやる。
□水道に執着していじり続ける
□規則的な動きをするものやおもちゃに熱中する
□指しゃぶり(鼻にも入れる)
□食事を手で食べようとする(幼稚園ではフォーク等使う)
□食事を自分で食べようとしない。父に食べさせてもらうこと多い。
□食事中じっと座っていられない、ウロウロ、横たわる、眠くなる
□きらい、まずいと言って食べようとしないことがある。
□手に着いたご飯などの汚れを異常にいやがり騒ぐ
□同じスプーンで他の食事を食べるのを嫌がる
□におい、味に敏感。嫌いな味は食べない。
□光に敏感。朝まぶしくて目があけられないことがある。
□音に敏感。大きな音は耐えられない様子。虫の声におびえる
□呼んでも返事をしないことが多い。(聞こえてないふり?何かに集中している?)
□風呂上がりなど自分で着替えようとしない。裸でごろごろ。
□まれに、殺す、馬鹿などの言葉を使うことがある
□姉妹に否定的なことば遣いが多い(かわいくない、きらい)
□ダメと注意されると頑としてやることがある
□幼稚園の様子などを聞いてもまともに答えない、返事をしない
□夕食時などに家族での話題とは無関係に大声で呼びかけ、気を向けるまで呼び続け、
聞くと全く関係のない話をはじめる。
□今日、明日、今から何をするのかがよく分かっていない
□土日の昼頃になって「今日は幼稚園?」と聞いてくる。
□順番を守らないことがある
□父親が見えなくなると探しに行く、不安になる
□違うと指摘されると混乱する。かたまる。放棄する。
□気に入らないと大声でキャーッと叫ぶ
□ものの名前を違う名前で呼ぶことが多い(ラーメン/うどん/そば/スパゲッティ じゃがいも/かぼちゃ など)
□箱やカーテンの後ろや狭いところに入り込むのが好き
□疑問、質問を親にしたとき、自分の期待する言葉を親が言うまでしつこく聞いてくることがある
□気持ちの切り替えが早い。ギャーっとなっていたのにケロっとする。
□いろいろな場所、人に早く適応する。ぐずぐず嫌がらない。
□線や文字を紙いっぱいにトレースすることがある。
□夜中、「さみしい」といいながら横に立っていたりする

幼稚園入園〜バレエ

4才 幼稚園入園
  4月ごろ言葉を繰り返すチックが出る。(2ヶ月くらい)
  12月頃 喉を鳴らすチック〜現在も続く
  走ったり踊ったりすると舌が出る。

※喉を鳴らすチックは特にテレビを見ているとき、本を読み聞かせしているとき、
不安なときにひどい。


【幼稚園の先生からの報告・幼稚園での様子告】

■年少時
□世話焼き
□鞄の支度に30分くらいかかる
□コップからコップに水を移す作業を1時間くらいやり続ける
 (秋頃まで続く)
□今日は先生とかき氷を作ったととてもリアルに話すが、
先生に確認するとそういうことはなかった
□保護者会で同じ部屋にいる母がいないと思い込みパニックになって教室を飛び出し
探しに行ってしまう。
□今日はバス(で帰るの?)という質問を、先生に繰り返し聞いた日がある
□男の子なみに走り回って遊ぶ。どろ遊びが大好きでよく着替えて帰ってくる。

□一時保育(不定期にあずかる保育園)に初めて行った日、暗闇から出てきた先生におびえ
パニックになり出口まで走って逃げていった。
□何を聞いても、不思議な音(音声)でへんなふうに答える。

■年中時
□進級時、隣のクラス(年少時の先生がいる)にいて連れてこられる。
□隣のクラスで出席シールを貼る(最初だけ?)
□話を聞いていない(先生がみんなに説明した直後に同じことを聞いてくる)
□お集まりの声をかけても忘れて遊び続ける
□お友達には「お集まりだよ」と声をかけておきながら自分は遊び続ける
□シューズと靴を履き替え忘れる
□シューズを脱ぎ捨てる
□タオルを忘れて帰る
□水道の水で遊び続ける(注意をするとかたまる)を繰り返す
□職員室に用事もないようなのに友達を連れて行く
□親子遠足で、母が視界にないと気づくと不安になる
□世話焼き
□お友達にやさしくできる
□どろ遊びが大好き
□幼稚園でご飯は自分で食べる


【習い事(バレエ)での様子】
□先生の話を聞いていないので動きがわからない、覚えられない
□鏡やバーに気を取られて遊ぶ。
□個人的に指導されると混乱する。なかなかその通りにできない。
□動き出すと舌を出す
□着替え始めるまでに時間がかかる。


生後〜幼稚園入園前

2003年5月28日生まれ 3姉妹の真ん中

退院後、改築中の大音量の中で数ヶ月過ごす。
4ヶ月で母乳からミルクに移行。
6ヶ月7ヶ月8ヶ月頃 ミルクを拒否。離乳食で補う。

この頃からちょっとした物音に目をぱちぱちさせる。

お風呂でぬれた髪の毛を見ておびえる。大泣き。

2才4ヶ月 インターナショナルスクール(〜幼稚園に入るまで)

※指しゃぶりがなかなか止められない。
※トイレの練習にてこずる。
※外では手を握っていないと飛び出したりして危ない。
(最近はだいぶおさまってきた。それでも親より数メートル先を一人で歩いていってしまう))

いつだったか、魔女の宅急便のキキになりきって
ソファーから「ふらーい」と叫びながら頭から落ちる。