2015年02月14日

ほっぺちゃん

ほっぺちゃん、というのが小学生の間で流行っているようです。
私は全く関心がないので適当に話を聞いていましたが、最近サン宝石の通販で
細々と買うようになり、ほっぺちゃん人形やユニークなおもちゃが増えました。
原宿にお店があるので、せっかくだからとリコと二人で行ってきました。
細々した雑貨が所狭しと並んでいて、リコはすごく時間をかけて買う物を選びました。
1時間半くらいかかったかな。
私も小さい頃、細かな雑貨が大好きで何時間でも選んでいられました。
そんな私を親は待っていてくれましたが今になって「決められないヤツだった」と
過去のグチをこぼします。
決められないんじゃなくて、最高のセレクションを考えているんですよ。
だからリコの1時間半、私はじっと待っていましたよ…。
お小遣いで買う約束だったので、携帯の計算機を使って範囲内で収まるよう
吟味していました。
こういう一見無駄に思える時間も、きっと将来、雑貨屋を開くとか絵を描くとか
物作りをするとか、そういうことに有効につながっていくんだろうと
私は思います。

sanhouseki.jpg
posted by miyuki at 23:58| Comment(0) | 11才 五年生の出来事

ワコムペンタブレット

小部屋にこもっている時間が長くて何してるのかな〜と気になります。
ま、音楽聴いたりしていて、呼んでも返事しませんけど。
最近、妹に「いらないからあげる」と言って、1センチくらいの厚さのマンガをあげたようで
妹がこっそり見せてくれました。
ギャグ満載のシュールな細かい話の連続で、内容はともかく
紙をマス割りして物語を描いていくその姿勢は、漫画家になる素質があるのではと
期待させるものがあります。
そこで、本人の希望で、ワコムペンタブレットを購入しました。
自分のおこづかいで…。

ネット注文のためまだ到着していないなくて、もう気が気でないようで落ち着きません、笑。
興奮しすぎてか、寝る部屋も違ってるし…。

posted by miyuki at 23:32| Comment(0) | 11才 五年生の出来事

2014年09月11日

帰宅後の過ごし方変化、その他の変化

今年の初め、近所のお友達が引っ越していきました。
早生まれでリコとは10ヶ月くらい違いがありますが、見た感じ
大人のように大きくて言葉も豊富でしっかり者。
毎日のように帰宅後リコと遊んでいました。
その子がいなくなってから、友達と遊ぶことが全くと言っていいほど
なくなり、いつも狭小部屋でこもって何かやっています。

今日、ピアノの先生が小さい頃は雑談をしてくれていたけど、
あるときから自分から話さなくなって、緊張してるのかしらと
心配している、と話がありました。
リコはピアノの先生に対してそういう緊張とか嫌悪感を抱いておらず
むしろ慣れ親しんだ人の一人になっていると思います。
基本的に自分から出来事を話さない人なので、もしかしたら
当初のおしゃべりは、逆に緊張から来るリコの必死の行動だったのかもしれません。
だから話さないのは特に問題なく、先生から話しかけてもらえれば
答えると思います。
そう伝えました。

ピアノはリコの心の安定に欠かせないものとなっているので続けて欲しいな〜。
こればっかりは「お金がないから習い事辞めたら?」とは父も言えない、笑。

そうはいっても夕飯の食卓時は最近あれこれと話すようになったので、
以前から比べると、身に起こった出来事を思い出して伝えることが
上手になったと思います。


posted by miyuki at 22:53| Comment(0) | 11才 五年生の出来事

不調気味〜

夏休み明けから、アレルギーがひどくなって運動会の練習もはじまって
算数も難しくなって、なにかと負担が多くなってます。
今日は算数の宿題のドリルが「8分で終わらなきゃいけないのが一時間かかった」と
落ち込み気味。約分のあたりをやってます。
途中でやめずに(親に聞かずに)、最後まで一時間やってしまうところが
負担を大きくしてますね。でも説明をすると、あーだこーだと激しく反論されるので
難しいところです。

しまいには、「一年間何人自殺するの?」と聞いてきたので「たくさんいるんじゃないかな」と
答えたところ「じゃあきっと簡単なんだね…」なんてつぶやいていた。
ちょっと鬱の方向に行ってる気がするので、気をつけよう。
posted by miyuki at 22:19| Comment(0) | 11才 五年生の出来事

2014年07月08日

国語検定

根気よく続けているZ会ですが、国語検定なるものが送られてきました。
普段から自主性に任せて、分からないところがあれば親に聞く、
というスタンスでやっています。
自分でスケジュールを管理してきちんとやっているようです。

国語検定は番外編みたいなモノ(だと思う)なので、時間があればやってみたら?
と言っておいたら週末さっさとやって、提出していました。

自主的に取り組むことだけでもエライと思いますが
今日その結果が帰ってきて、意外にも高得点で驚きました。
基本的にリコの学習については、適度にできればいいかなと思っているので
わからなければ、将来つまずかない程度に理解させるようにしています。

学校のテストの点数は日頃のマジメなこつこつ学習の成果で
8割くらいはとります。理科社会はちょっと弱いかな。
で、点数が悪いと「○と○が悪いんだよ」とちょっと不安げに言ってくる。

そんなときはいつも決まって、
○と○だけでしょう、悪くないんじゃない?今覚え直せば問題ない!
と言うことにしています。

…これが長女だったら、「え?なんでここ間違えた??こりゃダメでしょう〜」と
言ってしまうところでも、リコについてはそうはならない、はは。

それで国語検定の結果がとても良くて、6年生くらいの読解力があると判定されていました。
思わず「え?どうしたんだろう??」と言ってしまったけど。

日頃から好きな本(マンガやリリアーネ)を熱心に読んで、毎日こつこつ宿題とZ会を
続けている彼女の努力が、気付かないところで力になっているのかなと感じました。

だからといって、上を目指さない(目指そうとは思わない)のが
リコと母。笑。
posted by miyuki at 00:46| Comment(0) | 11才 五年生の出来事

2014年07月05日

本日の「?」な3出来事

思わず「ちょっとまってよ!」と言いたくなるような、些細な出来事が日々起こります。
なんかあまり気にならなくなってきたけどね…。

2歳の四女が病み上がりでむせこんでいて、昼寝中も苦しくて泣き出しました。
その泣いている(むせている)四女の口に、リコは手に持っていたラムネを入れてしまいました。
私が遅れて見に行くと、なんだか妙に苦しそうなのでリコに様子を聞くと
ラムネが入っていると言う…。
すぐに取り出したのでよかったけど、あの、詰まらせるんですけど?
リコとしては、泣きやませるために入れたみたいです。
いつも四女のお世話を根気よくやってくれ、3人の姉たちの中でも一番四女が懐いているのがリコ。
ラムネを入れたのも、リコの優しさの表れ。
それはよく知っているけど、でも危ないから叱りました。
まさかそんな危ないことが起こる可能性があるなんて思いもよらず、
注意されたリコはかなりショックだったらしくドアをバッターンと閉めて去っていきました。


夕方、シンクに溜まった洗い物をやってくれました。
隣で夕飯の準備をしましたが、洗剤が飛びまくってやりにくーい。
で、横目で見ていると、網にたまったゴミの汁を、洗う前の鍋の上で水切りしている。
あ!!そこでやると汚いんじゃない??

「だって、この鍋、これから洗うからいいじゃん」

確かにそうだけど、鍋のないところで水切ってほしい…。


引き続き場所を変えて寝ている四女、その耳元で、
今日電池を入れ替えた音の出るおもちゃをうるさく鳴らし始めました。
ちょっと、寝てるからうるさいんじゃない??

「だって、目がちょっと開いてるよ」

一緒に遊ぼうと思ったのかな。四女が喜んで起きてくると思ったのかもしれない。
でもまだ、眠そうだったよ…。


共通することは、リコさん自分の要求にまっしぐらなところかな。
こうするとこういうことが起こるだろうな、という予測が相変わらず弱いかな。
posted by miyuki at 18:59| Comment(0) | 11才 五年生の出来事

2014年06月20日

お茶くみ係

学校の家庭科で緑茶のいれかたを習いました。
その後、お茶煎れにはまっていて、ふとリビングに上がってくると
テーブルに6客のお茶が並んでいたりします。
ちゃんとコースターもひいて、誰もいないリビングに
お茶だけが並んでいる…笑。
気付く頃には冷めているんですけど。

で今朝、昨日いれたお茶のポットがそのまま置かれていて
朝起きてきたリコは、蓋を開けておもむろに水を注ぎ始めました。

あ、それ何するの?昨日のお茶っ葉はもう使えないよ!!

どうやらまた水を入れて(お湯じゃなくて)飲もうとしたようです。
昨日の古いお茶のポットに何時間も経った後、また水をいれて
飲もうとするあたり、予想外です…。

なんとなく古いな〜、美味しくないだろうな〜とか
そういう自然な感覚が微妙にずれている感じがします。
posted by miyuki at 19:56| Comment(0) | 11才 五年生の出来事

2014年06月14日

調べ物

社会の授業で調べてまとめるという作業が高学年になって増えてきました。
これが苦手なんですね〜。
3年生から同じ担任の先生なので、先生もそれに気付かれていて
「できるところまででいいです、でも一生懸命やってます」と
フォローしていただいて助かってます。

調べ物の宿題が出ると、ネットで検索してみたり本を探してみたり
一応自主的にやっているようですが、その資料から文章をまとめたりする作業になると
機嫌が悪くなります、笑。

数日前の朝「今日やどかりの資料がいる、どうしよう」と焦っているので
その課題は昨日言われたのかと確認すると、結構前から出ていたと言います。
もっと早めに探したら良かったのに…とりいそぎ、ネットで検索して
プリントして持って行きました。

帰宅後、ちゃんと学校でまとめられたか聞いてみると
Mちゃんに本借りたから大丈夫だった、Mちゃんは5冊本を持ってきてたから、と。

え、Mちゃんちゃんと準備してるじゃん!リコも図書館とかで前もって準備やらなきゃ!

と説教めいたことを言ったところ、

「Mちゃんはお母さんが5冊借りてきてくれたんだよ」と…。


え!!私の仕事??

えらいなー、Mちゃんのお母さん。
苦手分野はもっと手伝ってあげなきゃいけないなぁと反省しました。
posted by miyuki at 23:13| Comment(0) | 11才 五年生の出来事

2014年06月12日

手紙を綴る

リコは毎日、ハガキに手紙を書いて、九州に住むじじに送っています。
ジジから未使用のハガキが定期的に大量に送られてきて、
リコの机には200枚くらい山積みになっているようです。
内容は学校であったこと、美味しかった食べ物、じじへの気遣いなど
やさしさと愛情に満ちあふれています。

九州のジジはリコからの手紙を楽しみにしていて、一枚も無くすことなく
保管してあるそうです。

自分の日常を振り返って言葉に表現することで、リコの気持ちが
満ちて落ち着きを保つのに役立っていると感じます。
posted by miyuki at 13:23| Comment(0) | 11才 五年生の出来事

2014年05月27日

ゆめ

リコの将来の夢が明確になりました。

田舎でのんびり暮らす。

それがいい!リコにぴったりかもしれない。
もう大学とかも行かずに、早く自然に囲まれたところで
のーんびりしたいらしい。

でも収入はどうすんだろね?

「え?働くの?やだな〜」

おおかみこどもの雨と雪みたいに人里離れた開放的な家で
自給自足ができればいいな。
気が向いたら絵でも描く…そんな暮らし実現するかなぁ。

そういう夢がクリアになった今、算数の複雑な密度の計算とか
どうでもよくなってしまいそうでこわい。
posted by miyuki at 00:01| Comment(2) | 11才 五年生の出来事

2014年05月15日

リコお留守

学校の移動教室に二泊三日で出かけて行きました。
朝時間通り5時半に起きてきたのに、既にパニック気味で
「あ、遅れちゃった!!」と慌ててる。
数日前から緊張している様子だったからね。

早朝6時過ぎに家を出ようとすると、妹のユイがぬーっと起きてきたので
「リコが行くよ、いってらっしゃーいって言ったら?」と声をかけましたが
寝ぼけた顔のままリコを(見下すように、笑)見て、何も言わず…。
終始緊張していてそれどころではないリコは、ユイの悪態にも
反応することなくさっさと出かけて行きました。

さて、リコのいない一日。
物足りなさを感じる反面、家族の緊張がほぐれたような雰囲気を感じます。
夕飯で、ユイが何かを話しても突っかかってくることもないし
床を這っても文句を言われない。
ユイと姉のミチが世間話をしても大丈夫。

なんかラクダな〜。

でも、いつも総攻撃をくらっているユイがポツリと言うことは

リコがいないとなんか面白くない、さびしいなー。
文句を言ってもいたほうがいいんだよ。


リコ、お土産持って早く帰ってきて〜。







































































































































































































































































































































posted by miyuki at 16:12| Comment(0) | 11才 五年生の出来事

2014年05月10日

こもり中

b6.jpg

今日は土曜日です。午前中は妹と楽しくはしゃいでいましたが、
お昼ご飯の後から寝室にこもっています…。
ベッドにゴロゴロしたり、PCでタイピングの練習したりしているみたいですが
出てきません〜。
外はお天気で薔薇もきれいなんだけどねぇ。
ま、いっか。充電中なのかな。
posted by miyuki at 17:02| Comment(2) | 11才 五年生の出来事

2014年05月04日

5年生になりました

担任の先生は、3・4年生と同じ先生になり、ほっとしています。
本人は男の先生になってみたかったと言っていましたが。

今月2泊3日の移動教室があります。
楽しみにしているけど、眠れるかな〜とちょっと心配しています。
でも大丈夫でしょう。

今日はアナと雪の映画を父と観にいきました。
刺激の多そうな3Dでしたが、イヤーマフをつけて大丈夫だったようです。
出かける前と帰ってきた後に布団に横たわっていましたけど。
連休でゆっくりできるので、イライラすることも少ないかな。
posted by miyuki at 19:36| Comment(0) | 11才 五年生の出来事