2013年08月06日

今年の花火

聴覚過敏のあるリコにとって花火の音は、人生最大の恐怖…。
「お祭りに行くよ」と言えば、「花火ある?」と何度か確認してきます。
今日は近所の広場でお祭りがあることがわかり、夕飯時に姉と妹が行きたい!
と言い始めました。
このお祭りは9時から打ち上げ花火があります。

この花火は毎年ドラマがあって(笑)、
お祭り会場で見る!と頑張って待ったけど直前にやっぱり父と慌てて家に帰ったり
ある年は、イヤーマフをつけて離れた駐車場から見てみたり
(見た、というよりうずくまっていた?)。
その翌年は、早々に家に帰って、寝室から見たかな?

このお祭りの花火を知っているリコは、「行かない、行かないモン」と言います。
そして、妹のユイが何かを言う度に、しつこく反論したり食ってかかります。
「リコを刺激しないで、リコに構わないで」というしかないくらい
リコは様子が変になりました。
たぶん「花火のあるお祭り」に行きたい気持ちが強いのに、
恐怖のせいで行くことができない不甲斐なさに、混乱してしまったかな。

結局、夕飯の雰囲気が悪くなったことと、お祭りは混んでるからという理由で
今夜は行かないことになりました。

そして、リコは9時になったら家の寝室の窓から花火を見る!と意気込んで
イヤーマフをつけてスタンバイ。
姉妹4人で窓越し花火を楽しみました。
リコはちょっとだけイヤーマフをはずしてみたようです。

私たち家族の花火大会は、今年もこれでおしまい。




posted by miyuki at 01:16| Comment(1) | 聴覚過敏

2013年05月26日

JAZZ cafe

今日は英語の先生のピアノの発表会を観にいきました。
JAZZピアノなのでカフェ。狭い空間で、ドラムとベースとピアノでの演奏です。
カフェに着く直前、リハ中の先生からメール。

ちょっとドラムがリコにはうるさいかもしれないから、イヤーマフ持ってきた方がいいかも。

がーん、もう遅い。
あわてて薬局で耳栓を買いました。
やっぱりウルサイのか、と悟ったリコはちょっと焦り気味でしたが…。

実は家を出る前もちょっとしたトラブルが。
発表会後にジャズにあわせて即興で音を奏でるというワークショップが予定されていて
家にあるマラカスを準備していました。するとリコは
「早く帰るから、いらない。早く帰る」と
ワークショップのことが心配になったようで、様子が変になりました。
事務所に入り込んでじっと座ってました。
こういうスイッチが入ってしまうと頑なに拒否されるので
出発直前にこまってしまいました。

すぐ帰るから…、とだましだまし連れ出してきました。

そして今度は耳栓が必要になり、リコはまた焦ってしまったわけです。

実際、ジャズの演奏は耳栓のおかげで大丈夫でした。
ドラムのソロの時はちょっと響いたみたいだけど。



posted by miyuki at 22:17| Comment(0) | 聴覚過敏

2013年05月21日

席替え

一年生から今までずっと、一番前の席が指定席です。
聴覚過敏があるので、声を聞き取りやすいように。

4年生になってまた前の席に決まったようですが、こんなことを言っていました。

もう音は大丈夫そうだから、今度先生に、少し後ろの席でもいいです
って言う。

ちょっと憧れもあるよね、後ろの席。
先生はどう対応してくれるかな。
自分できちんと先生に言えるようになったことも、大きな成長だね。
posted by miyuki at 22:08| Comment(2) | 聴覚過敏

2013年05月11日

ファービーの音

クリスマスプレゼントに買ったファービーですが、
こんな注意書きがあります。

fabi.jpg

この高周波、リコに聞こえています。
リコによればファービーがしゃべっていないときの方がよく聞こえるらしい。
それに、遠くに離れていても聞こえます。

聴覚過敏が関係あるのかはわかりません。
リコは買った当初から音が聞こえることに気付いて
自分で説明書を熟読し、理由を把握していました。

そういえばリコが、「音がきこえる」と言っていた気がしますが
何のことを言っているのかよくわからず、適当に聞き流していました。

リコ以外の人にはこの音全く聞こえません。

イルカとかコウモリとか、そういう類のものとも通信できるんじゃない?

***

姉ミチにも聞こえることがわかりましたw
妹ユイには聞こえず。
ミチは、高周波音のことをリコから聞いて、急に聞こえるようになったようで
それと気付くとちょっと不快な感じがするらしい。
身体には影響ないそうなので。
リコとミチで「あっ!今!」と同時に叫びます。高周波が聞こえる2人…。
posted by miyuki at 16:12| Comment(1) | 聴覚過敏

2013年05月07日

あれこれ

今日は父が風呂を洗っていると
「あーー、お父さん待って待って、ちょっと耳ふさぐから!!」と
リコが慌てていたそうです。
どうやら、モップが浴槽の角にコンコンと当たる音が嫌だったらしい。

***

リコがまだお風呂に入っているとき、妹のユイは一人リビングで
ゼリーを食べていました。
「あ〜、リコがいないから、よかった。これ食べてたら
ユイうるさい!って言われてたよ」
とブツブツ言っていました。
ちょっとざらっとした陶器とスプーンのこすれる音。
これはリコの苦手な音だとユイは知っていましたw


posted by miyuki at 23:52| Comment(0) | 聴覚過敏

2013年05月03日

テレビ

基本的にテレビはみないようにしているので、金曜7時からの
ドラえもんとクレヨンしんちゃんは、命がけで観ます。
台詞の一字一句も聞き逃したくないらしく、ちょっとでも物音を立てると
怒ります。
そして、テレビの音量を必要以上に大きくしようとする。
そうするとまわりの家族から「大きすぎ!もうちょっと小さく!
せめて25にして!(普段の音量は20)」
とうるさく言われてしまいます。

リコは小さい頃からテレビを観るときに音を大きくしたがりました。
耳の聞こえが良くないのかなとはじめは思ったのですが、
逆で、雑音まで拾ってしまうので音を大きくする必要があったわけです。

それは今も変わらず、いろんな音が聞こえるから大きくしないとダメなんだと
自分で言っています。
これはオトナになっても変わらないのかな。
感覚統合はうまくいくんでしょうか。
posted by miyuki at 20:11| Comment(0) | 聴覚過敏

2013年04月27日

小さい頃は…

1才5ヶ月になった四女のイマは、みんなと同じダイニングテーブルの椅子に
かさ上げする座布団をひいて、座って食べるようになりました。
割と長い時間椅子の上にすわっているイマをみて、その横に座っているリコをみて、
リコがこれくらいのときは、じっと座っていられなかったんだよ…
とリコに話してみました。

家でも座っていられなかったし、レストランでも座っていられなかった。
だから、椅子と赤ちゃんを固定する専用の紐を買ったりしました。
結局使うことはなかったけど。

きっとレストランでは音や感覚が不快だったんだね。
今でもリコはレストランが苦手です。
「レストランは、嫌いなんだよね〜」と言います。
外食の楽しみはあるけど、実際にそこで過ごす行為は
リコにとって感覚刺激が多すぎるようです。

でも今は、家ではちゃんと座って最後まで食べられるし
レストランでも、短時間であれば大丈夫。
長時間になると機嫌が悪くなるか横たわるか、テンションが上がりすぎるw
けどね。

posted by miyuki at 23:56| Comment(2) | 聴覚過敏

2013年02月26日

微妙な違い

動物的に朝を過ごす実践を、リコは喜んで続けています。
朝起こしても起きず、一騒動起こしてからやっとリビングに来ることが
日課となっています(-_-)

ところが今朝は他の姉妹と同じくらいに起きてきて
機嫌もいい。
思わず「あら、めずらしい!」と叫んでしまったよ。
そしてここのところ全くやっていなかったドリルを少しやりました。

この違いは何?と思うでしょう。

実は昨日、寝室の窓の工事をして2重サッシにしました。
熱効率をあげることを目的に
これまでの窓の内側にもう一つ窓をつけるという、簡単な方法。

リコによると、このおかげで毎夜聞こえてくる「飛行機の音」が聞こえなくなり
昨晩はイヤーマフが不要だったそうです。
そういえば付けてなかった。
そして朝はイヤーマフをしていないので目覚ましの音が聞こえ
すんなり起きたとのこと!!

そんな副次効果があったとは。

そもそも飛行機の音なんて気にしたことないし聞こえているのかもわからないけど
リコには聞こえるらしい。
たしかにちょっと離れたところに飛行場があるので
飛行機が飛ぶ頻度は高いけど。

イヤーマフなしで眠れるなら、安心感も増すかもね。
この快適な状態が長く続けばいいけど…。
posted by miyuki at 09:52| Comment(0) | 聴覚過敏

2013年01月21日

最近の聴覚

早く寝かせようと早めにベッドに行かせてイヤーマフをして準備万端だったのに
覗いてみると「すっごい大きな音がして眠れない」と本を読んでいたりする。
大きな音はどこから来てるのかな〜。
リコによると「ごごごーーーーーーっていう彗星が落ちてくるような音がする」らしい。
それはきっと彗星じゃなくて飛行機。
母も高校生の頃は毎晩のように大きな音やら迫ってくる感覚やらで
睡眠に支障をきたしていたけど、そういう切羽詰ったものではないようだ。

赤ん坊イマ(1歳1ヶ月)の泣き声は相変わらず大きくて、リコにはつらい音になっています。
いつも積極的に赤ちゃんの相手をして遊んでくれるけど、泣き出すと
リコはもう近づけません。イヤーマフが必要。
食道のあたりがモヤモヤするのもかわらず起こります。
(これは怒りにつながるモヤモヤ:本人談)
イマが泣きそうになると、ファービーや音のなるおもちゃを
あわてて持ってくるのは、大音量の泣きに入らないための
必死のあやしなのかもしれない。
posted by miyuki at 22:05| Comment(0) | 聴覚過敏

2012年10月30日

ボンッてね

妹のユイとリコでテーブルについておやつを食べているとき。

「ああ、ボンッてすっごい大きい音がした。
ああもう、大きいんだよねー、何でもない音が大きく聞こえるんだよ」

たしかに、横にいた母にもユイにも何も聞こえない。

たぶん椅子かテーブルがちょっとこすった音が異様に大きく聞こえたのかな。

聴覚過敏の音も、こうやってサラッと流せるようになれば
だいぶいいかもね。
posted by miyuki at 19:48| Comment(0) | 聴覚過敏

2012年10月03日

赤ちゃんの泣き声

自閉症やアスペルガー症候群には赤ちゃんの泣き声が苦手な人が多いと聞きます。
聴覚過敏のせいでしょうか。
パニックになったり怒ったりする子もいるようです。

うちの四女はよく大泣きしますが、その泣き声が尋常でなく
びりびりびりびり〜という鈴のような音が混じります。
とにかくやかましい。

風呂上がりに、びりびり〜っと泣きはじめるとリコが
「今は赤ちゃんのところに行かないようにしよう」と離れていました。
聴覚過敏があるからうるさいのかなと思い聞いてみると
ストレスがあるときに感じる食道あたりのもやもやが
四女の大泣きの時も感じられるのだそうです。
大泣きの時のもやもやは「怒り」にもつながるらしく
ムカツク感情がわき上がると言います。
でもその怒りは自分でコントロールできるから我慢しているのだと。

これまで赤ちゃんの大泣きの声を聞いて、かたまったり
耳をふさぐことはあったかもしれないけど
取り乱すようなことはなかったかな。

でもやっぱり不快な音だと感じているみたいです。

それでもリコは意を決して?大音量の四女の側に行き
いつものように膝に乗せてあやしてくれました。
posted by miyuki at 22:21| Comment(0) | 聴覚過敏

2012年09月15日

花火とピストル

近所のコンビニの駐車場で友達と話していると、
コンビニの後方から打ち上げ花火が上がりはじめました。
昼間に。たぶん誰かがふざけてやってるんだろう。
結構な高さまで上がって音も立派。

そこら辺にいた子どもたちは「わあー」と喜んで見入りました。
一緒にいたリコもお友達と興奮気味に見ていました。

あれ、リコはこの音は大丈夫か?

そう思ってリコに「うるさいんじゃない?大丈夫なの?」と聞くと
花火からは目を離さず、「だいじょぶだいじょうぶ」と早口に言い
そうはいいながらも、パンパンパンとなる度に肩をすくめるような
ちょっと怯えたような仕草をしていました。

本当に平気だったのか、お友達がいたからちょっとがまんしたのかわかりませんが
素人の打ち上げ花火は大丈夫だったようです。

帰り道、「赤と緑のが出る花火はちょっとうるさかったけど他は大丈夫だった」
と教えてくれました。
花火の種類によって音が違うのね。

「ピストルの音は、さっきの花火くらいかな。だったらいいけど
前はばーーーんっておっきーーーーーな音に聞こえてうるっさいし
熱もでたからね…」

と、1年生のころのピストルのことを思い出してちょっと心配になっていました。

「聞こえすぎる耳は治らないの?」と聞くので
だんだん大きくなると慣れてくるらしいよ、と言いました。

今年も耳栓を使わせた方が良いかな〜と、今日の花火の様子をみて思いました。


posted by miyuki at 00:51| Comment(0) | 聴覚過敏

2012年04月08日

イヤーマフ新調

ここ数日、耳がヘンだと言います。
妹が耳元で小さい声でしゃべっているのに、それがとても響いて
ジンジンする感じがあるそうです。
花粉症で鼻が出るのでその影響なのか、中耳炎になりかけているのか。

最近は毎夜、イヤーマフをつけて寝ています。
イヤーマフを付けてもなにかが怖いようで12時頃まで寝付けないこともあります。
イヤーマフのスポンジ部分が柔らかくなってきたので替えて欲しいと言ってきました。
これまで使っていたのは子供用。

maff1.jpg


スポンジ部分だけも購入可能。
でもサイズも少し小さくなってきているし、新しく購入することにしました。

maff2.jpg

軽量・薄型/折りたたみタイプ
イヤーマフ H6F (NRR21dB) PELTOR

maff3.jpg

コンパクトに折りたためるし、色も目立たなくていい。

外で付けることはめったにないけど。
posted by miyuki at 23:12| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年10月10日

厨房

今日は用事があって吉祥寺に行きました。
好きな街だけど家族を持ってからはめったに行かなくなりました。
人の多さと店のごちゃごちゃにすっかり圧倒され、歳を感じたなあ。
いつも覗いていた狭い通路の雑貨屋も、子連れではまったく入る気も起こらず。
夕飯は仕方なくパスタ屋へ。
オープンキッチンの作りのレストランは、かちゃかちゃと食器の音が響きます。
こういうところ、リコは苦手。
席に着くやいなや顔がこわばり、なんとなく様子がヘンになりました。
こういうときはメニューを見ることもできないし、もちろん選べないから
父母が好きそうなものを選びます。
待っている間もしゃべることもなくじーっとしていました。
そして不意に隣に座る父に小さい声でささやいたことは

「このお店の中で一番お金もらってる人はだれ?」

父はとりあえず
「厨房をみてごらん、一番背の高い帽子をかぶっているコックが
一番稼いでるよ」
と言ったそうです。ほんとか?

食事も半分くらいしか食べられず、デザートも拒否しトイレに行ってしまいました。
そしてそのまま外で待機。

帰りの車の中では元気になり、妹たちとはしゃいでいました。
吉祥寺は刺激が多すぎたみたいね。




posted by miyuki at 22:30| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年09月24日

トライ耳栓

グランドに着いたときには既にピストルが連続してバンバン鳴っていました…。
母さん出遅れた。
あわててリコの席を探しに行くと、スタートの位置にめちゃ近い。
昨年のように丸くなって耳をふさいでいる様子はありませんでしたが
お隣と前の子とおしゃべりしながらも、ピストルが鳴る瞬間には
目をシバシバさせていました。
リコを後ろの方に呼んで耳栓を付けさせました。
「見えない?」と何度も聞いてきましたが、見えないように髪の毛を
結ばずに来たんだから、大丈夫。
耳栓を付けたリコは耳元が見えないかをしきりに気にしながら
席に戻っていきました。
すぐに2年生の競技に移るため移動が始まったので耳栓を回収すると
「これ大丈夫だった」と耳栓の効果に満足している様子でした。

プログラムを見て、徒競走の時は付けるようにしました。
姉のミチの競技との兼ね合いもあるので母さん、忙しい。

2年生の徒競走だけは、先生が配慮してくださり笛のスタートでした。
耳栓のおかげで、今回はだいぶ負荷が軽減されたようです。
帰宅したあとも割と元気で、昨年のような体調不良も起こしていません。
ああ、よかった。


***

リコのダンス、彼女は決して家で踊って練習するとか親に披露するとかしないので
本番だけが踊りをみるチャンスなのです。
リコにしっかりと立ち位置を確認し、ビデオとカメラを持ってスタンバイしました。
ところが、リコは父母の待つ位置とは正反対の方向に行ってしまい、
あっちを向いて踊り続けました…。
おかげでリコの背中ばかりがビデオに収められました。あーあ。
ま、いっか。しっかり覚えて踊ってたしね。

posted by miyuki at 21:36| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年09月12日

運動会の席

昨年は赤組でよりスタートラインに近い位置に座っていました。
おかげでずっと耳ふさぎをして耐えて、翌日からひどい喘息と熱が出ました。
だから今年は先生の配慮で白組にしていただきました。
ところが今日学校から配られたグランド配置図を見ると、赤白の位置が入れ替わり
白組の方がスタートラインに近くなっています。
担任の先生に赤組に変更できないか尋ねてみましたが、それはどうも難しいようで
かわりに席を一番後ろにしていつでも退席できるようにしてくれるとのことでした。
席が一番後ろになったところで数メートルしか距離的には変わらないので
あまり効果はないと思われますが、仕方ない。
ただ、2年生の徒競走はピストルではなく笛にしてくれるそうで、ありがたいことです。

そして先生からの提案で、ピストルがなる競技の時はリコも耳栓をすることを
勧められました。
羞恥心の強いリコに耳栓はなかなか難しいのですが、
先生方もリコのためにいろいろと配慮してくれているから、
リコも自分で防御することを受け入れないと。
そんなことを話ながら説得すると耳栓をやると「今日は」言っていました。
posted by miyuki at 21:39| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年08月05日

今年の花火は

毎年近所で行われるお祭りに行きました。8時半頃から花火が上がります。
もちろんイヤーマフ持って。
昨年は線路を挟んだ反対側から、イヤーマフをつけて花火をみました。
生花火を間近で見ることができ、リコも興奮していたことを思い出します。

さて、今年は…。
いつも行く前は「花火お祭りのところでみる。イヤーマフちょっと外してみる」と
意気込んでいます。
でも会場についてかき氷を食べたり金魚すくいをした後、小さな声で
「もう帰る?」と言い始め、8時頃に父と帰ってしまいました。
そして今年の花火は、寝室からみたそうです。

「おとーさん!ぜんぜん音しないねーー!!」と大きな声で叫んでいたらしいです。
そりゃ、家の中でイヤーマフしてたら音はあまりしないかもね。

maturi1.jpg


maturi2.jpg

ものすごく時間をかけて、3匹も出目金ばかりをすくいました。
水槽準備しなきゃ…。
posted by miyuki at 22:52| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年06月22日

最後のチェックの記録

mimilast.jpg

上が初めて行った検査結果。下は6ヶ月後。

1月のあの頃は、ずっと具合が悪く学校を休んだり早退したりする日が
続いていました。
3時間目ごろから気持ちが悪くなって保健室に行っていたころです。
ストレスがだんだん溜まって螺旋階段を落ちていっているような状態でした。
どうやら音のストレスが最も大きそうだと思い、藁にもすがる思いで
検査を受けたことを思い出します。
なにかハッキリした結果を見たいという気持ちもありました。

半信半疑ながら音楽を聴くトレーニングを始めてみたところ
検査の結果は改善されるし、なによりリコの状態がとても良くなってきたので
結局最後までトレーニングを続けました。

この6ヶ月、リコの調子は好調です。
学校に行きたくないとぐずることもほとんどなく、チックもひどくならないし
吐き気もめったにありません。
このトレーニングが奏功したのかわかりませんが、最後の結果を見れば
明らかに聞こえの状態は良くなっています。
聞こえすぎている問題はありますが…。

聴覚の改善は自発言語の改善にもつながるとのことで、
人と話をすることや自分の話し声が苦にならなくなるということかな。

担当の方によると、このトレーニング用の加工された音楽を
こよなく愛する一群がいるのだそうです。
リコもその一人なのかもしれません。
聞くことで安心できてリフレッシュできるのならば
もうすこし聞かせてあげたい気持ちはありますが予算がね…。

この良い耳の状態がずっと続くといいのですが。
posted by miyuki at 23:03| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年06月20日

ええっと。。

超豪華ヘッドホンをつけた昨晩。
「いいね〜、ふわふわのヘッドホン〜」と声を掛けると上機嫌で
「うしししし」と笑っていたのですが…。
10時頃になっても起きていて、ヘッドホンははずされ
半泣きで「音楽聞いたのに、ねむれない〜ひいいい」と不安になっていました。
大丈夫!と声を掛けてもあと一歩で大パニックになりそうな雰囲気なので
側についていました。
そして「音楽は聞こえないけど、いつもうるさいときに使うヤツはめようっと」と
イヤーマフを自分で付け眠ることができました。

結局、ヘッドホンがどうのこうのではなく、音楽自体に不快な音があるようです。
トレーニング中に使っていた音楽を聞きたいと言います。
高周波寄りの音。
それ借りることもできるけど、ちょっと高いんだよね。

結構良い値段したヘッドホンの行く末は、ええっと…。
posted by miyuki at 13:10| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年06月19日

ヘッドホン

1月から続けていた聴覚トレーニングが終了しました。
今日は父と一緒に最後の耳のチェックに行きました。
トータル60時間ほど、音楽や声を聞いたことになります。
よくがんばったな〜。
ご褒美に修了証とペンをいただきとても喜んでいます。
帰り道、父と寄り道しヘッドホンを買ってきました。

トレーニング中は専用のがっちりしたヘッドホンを使っていましたが
その機材ももう返却してしまったので、夜の音楽はイヤホンで数日間聴いていました。
でもいつも不安になりイマイチしっくり来ていない感じでした。
音を最小の「1」にしても音が大きいと言うし。
きっとヘッドホンが安心するんだろうと、自分で選んでもらいました。
数ある中からリコが選んだのは、耳をすっぽり覆う大きさで、
耳にあたる部分がマシュマロのようにふわふわ。
展示されているたくさんのヘッドホンの耳部分を一つ一つ触って
「これは堅い」といい、柔らかそうなモノを耳に当て
付け心地をチェックしました。
そして選ばれたのはこれ。

head.jpg

家族で耳に当てまわし「うわ〜」「ふわふわ〜」「きもち〜〜」と
皆で感動しました。
リコも満足げ。

いつもリコの耳チェックをしてくれている担当の方に聞くと
周りの環境としっかり遮断され、自分と音楽だけの世界が安心するので
がっちりしたヘッドホンを好むのだろうとのことでした。
そして、「1」の音量でも大きいと不安になるのは、やはり耳がよく聞こえていて
普通は聞こえないような音も拾っているからだとのことでした。

今日はこれつけて、安心して眠れると良いな。

毎日1〜2時間のトレーニングをよくがんばりました。
聞こえのバランスもとても良くなったし、ここ数ヶ月
ひどいチックも吐き気もないし、なんらかの効果があったと
思いたいです。
posted by miyuki at 20:10| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年06月05日

おやすみスタイル

寝るときにいつも不安をかかえているリコには、いつも決まったスタイルがあります。
まず頭を乗せる枕を置いて、そして左右に大きめの抱き枕をしっかりと設置します。
そして暑くてもなんでも、布団を顔の近くまでしっかりかぶせます。
要は体全部をぎっちりと固定して寝るのです。
そしてヘッドフォンをつけて音楽…。

今日もいつものスタイルで、早めに床につきました。
でも外は雨。こんな日は不安が倍増します。
音楽を聴いている間はいいけれど、そのうち音楽も終わってしまい
不安で眠りにつけなかったリコは汗だくになって起きてきてしまいます。
今日は2回起きてきました。
「雨の音がね…こわい〜〜ひいいいいい」と泣きながら。

だから今夜はイヤーマフを付けて寝かせました。
ぐっすり寝てくれるといいけど…。
posted by miyuki at 23:06| Comment(2) | 聴覚過敏

2011年06月01日

静かにさせる口実?

「今日は筆算をやります!」という先生のかけ声に
教室じゅうの子どもたちが「えええええええ〜〜!!!」と大絶叫をしたそうです。
すると先生は
「そういう声はリコちゃんが困ります」とたしなめシーンとなったそう。
そしてあるお友達が「リコちゃん、かわいそう…」とつぶやくと
「そういうことではありません」と先生がおっしゃったと。

以上リコの報告。

こういう状況、本人的にいいんだろうか…。
嫌がってる感じではなかったけど。
特別にケアしてもらっていることを、恥ずかしがっていないかちょっと気になりました。
posted by miyuki at 23:22| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年05月30日

朗読トレーニング

聴覚過敏改善プログラムをずっと続けています。
子宮の中のような高周波音を抜け出し、外の世界の音に戻ります。
そして今は朗読。
マイクを使って、絵本を音読します。
自分の声をヘッドフォンで聞くのです。

リコは30分の音読をとても楽しんでいるようです。
寝室から、艶のある声が聞こえてきます。
毎日音読と音楽を聴くのに1時間はかかるので、
なかなか始めるまでに手こずりますが、やりはじめれば
楽しめるようなのでせっせと聞かせています。
posted by miyuki at 11:15| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年05月29日

太鼓の観劇

今週は、学校行事の一つに芸術鑑賞会というものがあります。
プロの劇団が学校にやってきて舞台を披露してくれます。
今年は太鼓を使った劇だそうで、聴覚過敏のリコにはおそらく無理です。

もしかして親と一緒なら遠くから見られるかもよ、と友人がすすめてくれました。
ほんとにそうかもしれないと思います。
体育館の出口に立ってちょっと覗くならできるかも。
そうリコに言ってみましたが、きっぱり断られました…。
恐怖心が強くそれだけで受け入れられないことがあるのです。

なのでその間だけ親が取り出しを行うことが認められ、
教室でリコと一緒に2時間ほど過ごします。
何して過ごそうかな。

昨年は何も気にすることなく芸術鑑賞会に参加させましたが、
劇の中で鉄砲を撃つシーンがあったようで、そのことを今でも鮮明に覚えていて
話すことがあります。
鉄砲といっても本物ではなく手で鉄砲のまねをして、
音は床をパンっとたたいていたらしいのですが。
ずっと耳をふさいでしのいだようで、怖い思いをしたんだろうと察します。
四季の美女と野獣の時もコートに隠れて汗だくだったからね…。
posted by miyuki at 21:01| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年05月12日

聞こえチェック3回目

mimi1105.jpg

3回目の耳のチェックです。

先生にも慣れてきたこともあって、質問にも答えられるようになりました。

なんの授業が好き?「図工」
何をするのが好き?「絵を描くこと」
給食で苦手なモノはある?「…」
食べられないものはあるかな?「…多いのはいや」

左耳の聞こえが良いバランスになってきたかなと思います。
ブオーンという外の大通りの音が時々響く中で、よく聞こえています。

***

耳のチェックはちょっと遠出です。
日曜日だったので妹のユイにもついてくるかと聞いていると
リコがすかさず「一人が良い」と言いました。
そうか、大人と一対一がいいんだね。
一人だととても落ちついてお出かけができます。
帰りはお気に入りのラーメン屋さんでお昼。
かむかむレモンを買ってまた電車に揺られます。
電車の音や人混みや暑さでリコにとってはちょっとつらいところもありますが
こういう二人っきりの時間も必要だね。


posted by miyuki at 10:59| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年04月30日

新しいトレーニング

高周波と低周波を加工されたクラシック音楽をしばらく聴いていましたが、
昨日から新しいプログラムを始めました。
今度は母の声を録音し、その音の高周波だけを聞いています。
ジジジジジーという音。
つまりは、母の子宮の中と同じ状態です。
この音をしばらく聴きます。
ジジジジーという音を嫌がることもなく、1時間聞いています。
その間はお絵かきをして楽しんでいました。

ongaku.jpg
posted by miyuki at 20:17| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年03月02日

聴覚テスト2回目

mimi2.jpg

聴覚テスト2回目をやりました。
骨伝導が改善しているようです。
2回目でリラックスしていることも結果に出ていると思います。
聞き耳も右になっているし(前回は左)
左右の音の聞き間違えもありません。

毎日寝るときに聴く音楽が功を奏しているのでしょうか。
今やそれ無しでは安心して眠れなくなってしまいました。
ヘッドホンをつけて、音楽を聴きながらちょっとだけ本を読んで
そして自然に眠りにつきます。
その間が気持ちいいんだそうです。

最近は全体的に調子も良く、朝もサクッと起きて
やることをやり、ご飯もさっさと食べ、やたら早く準備が進みます。

もうしばらく耳のトレーニングを続けます。


***

で、ついでに母の耳もチェックしてもらいました。
小学校の時に何度か中耳炎を繰り返したせいか、いつも
学校の耳の検査では再検査になっていました。
ある時から押すタイミングを覚えて、検査員の手の動きにあわせて
適当に押してみたりしていましたが…検査の意味ないね。
そんな母の耳は

mimi3.jpg

右耳の4000hzの音が聞こえにくくなっていました。そういうことだったのか。
学校のテストはだいたい3箇所チェックされます。
ちょうど4000あたりをチェックされるとひっかかるわけです。
それを補うためか、左耳でなっている4000hzの音を右耳で聞こえているように
錯覚しています。不思議。
でも私の人生、聞こえで困ったことはないので、特に問題なしです。

検査する場所は密閉された場所ではなく、普通のマンションの一室で
外の車の音や部屋の雑音が入り乱れています。
そんななかでのチェックなので、なかなか小さい音は聞こえづらく、
耳の音に集中するのが難しかったです。
外の音かな〜とか思っているとだんだん大きくなって耳の検査の音だったりで
途中笑ってしまいました。

そんななかで、リコはよく聞こえているなあと思います。
全体的に0値に近いところまで聞こえているし、母陥没の4000hzは
-10値まで聞こえてるもんね。
母さん50値とかだよ…60値あたりで難聴と言われるようです。


母もリコの音楽を寝際に聴いてみました。
1時間くらい半分うとうとしながら。
そのせいかわかりませんが、翌日の目覚めが驚くほどに良かった。
ここ数ヶ月毎朝だるーくてどろーんと起きていますが
その日だけは、体が軽くサクッと起きました。リコみたいに。
母ももう少し聴いてみようかな。
posted by miyuki at 00:00| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年02月14日

耳のトレーニング

聴覚過敏に効果があるかもしれないという耳のトレーニングを試しています。
トレーニングといっても、一日2時間程度ヘッドホンで音楽を聴くのです。
リコは眠るときに聞くようにしています。
寝るときにいつも不安を抱えてしまうリコは、音楽を聴くことで
比較的安心して眠りにつくことができるようになりました。
毎日、ずーっと聴いていたいのだそうです。

ただ昨日は、せっかく安定して眠りにつきそうなリコに
姉のミチが音が漏れているとか音が大きすぎるんじゃないかと
機械をちょっと触ったため、一気に不安定になり
泣きながら寝室から出てきてしまいました…。
ガラスのような神経で眠りにつこうとしているんだからね、
おねえさん頼みますよ…。

トレーニングは効果の有無が人によって違うため、まだ継続するかは
わかりません。もう少し続けてみたいと思います。
posted by miyuki at 11:07| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年02月01日

標準純音聴力検査

tyokaku2.jpg

喉の腫れと熱と耳が変な感じ、の症状で近くの耳鼻科を受診しました。
そこで検査した結果です。

×のグラフは左気導 ○のグラフは右気導
コは左骨導 コの反対は右骨導

前回の別のところで検査した結果に比べ骨導の聞こえがよくなっています。

耳に水が溜まったような変な感じがするのはそのせいでしょうか。
エレベータに乗ったときのような耳の状態になっているとの説明でした。
滲出性中耳炎の場合は骨導の聞こえが良くなり気導が悪くなるようです。

posted by miyuki at 20:22| Comment(0) | 聴覚過敏

耳鼻科で

熱と喉の痛みで学校をお休みしたリコを、耳鼻科に連れて行きました。
専門医に紹介してもらい聴覚過敏のことを相談した病院とは違って
近くの耳鼻科。新しく建て替えていつも混んでいます。
看護師の問診で耳のあれこれを説明し聴覚過敏があることを伝えました。
それで先生の診察。
問診票をみて「聴覚過敏?ってなんですか??」と聞かれてしまいました。
ええっと、いろんな音が良く聞こえすぎて…
「なにか生活に困るんですか?」
ええっと、ストレスが溜まったりびっくりしたり、吐き気がしたり
ご飯が食べられなくなったり、学校に行けなくなったり…。

…こんな説明じゃないよな。
自閉症やアスペルガーに聴覚過敏の人がいることを全く知らないのかな。
もう一気に説明する気が無くなりましたが。

そして15センチくらいの距離で「ピーっていう耳の検査は嫌い?」と大声でリコに尋ね
緊張してカチコチで目を合わせられないリコは「ちょっと…」としか言えず、
「ちょっと何??」と大声で聞かれ「ちょっときらい」と渋々答えていました。


専門医に「アスペルガーや聴覚過敏に詳しい先生がいますから」とずっと前に
教えてもらった先生は、一言で全部が通じ理解してくれたので助かったのですが。
先生は選ばないといけないな〜と思いました。

今回は聴覚過敏じゃなく扁桃炎なのでいいんですけど。
posted by miyuki at 15:04| Comment(0) | 聴覚過敏

2011年01月24日

聴覚テスト

音を聴く仕組みは二通りあるのだそうです。
ひとつは空気を伝って鼓膜を振動させて聞く音。空気伝導。
もう一つは骨を使って聞く音。骨伝導。
http://www.cosmogear.co.jp/boneconduct/

聴覚過敏のあるリコの耳の聞こえを少し詳しく調べてもらいました。

mimi.jpg

青いグラフは鼓膜で聴いている音。
赤いグラフは骨で聴いている音。
グラフの左側が低周波、右側が高周波。

鼓膜で聴く音は、低周波から高周波にかけて、まんべんなくとても良く聞こえています。
一方赤いグラフは1500〜2000HZのあたりで少し落ち込んでいます。

良いとされるグラフ結果は、青が赤より上にあり、2本のグラフがほぼ同じような
ラインを描くものです。
聴覚に特に問題のない場合はそのような結果が出るのだそうです。

リコのグラフで赤いラインがちょうど落ち込んでいるあたりは
人の声の周波数です。
このあたりで2本のラインが離れていることが何を示しているかというと、
ちょっと聞こえの良くない骨伝導のために、本人はなんとか聞き取ろうと
一生懸命声に集中します。
すると同時に良く聞こえている空気伝導から必要以上の音が入ってきてしまうのです。
そうすると結果的に大きな音に聞こえてしまい
ストレスと感じやすくなっているのではとのことです。
最近教室でのストレスが激しいので、へぇっと納得です。

リコの大っきらいなピストルの音は、なんと全部の周波数を含んでいるのだそうです。
聞こえすぎて嫌なわけだ。


低い音も高い音もクリアに聞こえているリコには「音楽が向いている」と
いろんなところで言われます。
歌の音程も決して外さないし、ピアノの聴音が得意なのもそのせいかな。

4000HZあたりは右耳がよく聞こえています。このあたりの音を聴くと
きっと気持ちが良いと感じるだろうと。
このあたりの周波数はバイオリンの音です。
そういえばリコは幼稚園の頃からバイオリンを習いたいと言っていました。
音が好きなのと弾き方がかっこいいから、かな。
結局習っているのはピアノだけど、バイオリンもやってみたいという気持ちは
まだ強いようです。
今日は父の昔のバイオリンを出してもらってギーコーとやっていました。
posted by miyuki at 23:17| Comment(0) | 聴覚過敏

2010年08月10日

良い耳栓探しています

先日お昼の混雑時に、ラーメン屋幸楽苑に行きました。
ラーメンを待っている間にリコが気まずい顔をしながら
「インド人のカレー屋の方がいい、静かで音楽が流れてて。
ここはうるさいんだよね」
と言ってきました。
確かに、お皿がかちゃかちゃいう音や、人の声やざわざわ感が
耳障りかもしれない。
雑音に集中すると、不快な音がたくさん聞こえてきます。
聴覚過敏のないものは、雑音を自然に無視することができてるんだなあ。


ちなみにインド人のカレー屋はいつもお客さんがいなくて、
行くときは我が家だけ、ちょっと薄暗くて静かで落ち着けるレストラン。

今日行ったトンカツ屋も天井が高く広い空間で、赤ちゃんの泣き声や
話し声が響いていて、音がうるさいと言っていました。

イヤーマフを付けるのは目立つので、簡単に耳栓を持ち歩けばいいかなと
思います。
ひもが付いていて紛失しにくそうな耳栓がネットでありました。
試してみようかな。
posted by miyuki at 23:01| Comment(0) | 聴覚過敏

「ま」「ばか」

小さい頃からそうですが、音のききとりがあまりよくないと感じます。
聴覚過敏があり、小さな音も聞こえすぎているのと矛盾するようですが
これはよくあることのようです。

なにかこちらが話しかけて、それを間違った音で聞き取ることは
一日に少なくとも5回はあるかな。

たとえば「ごま」をお味噌汁に入れてくれる?というと
「ま、ってなに?まって?」と聞いてきます。

今日はレストランで、「これをババ(祖母)に渡してくれる?」と言うと
「バカだって。ねえねえババ、ばかだって、はははは」
という具合。

そして今日の忠告。
「リコは人のいったことを間違えてとってしまうことがあるから
ヘンだなと思ったらよく考えるんだよ。
すぐに口に出すと間違ってることがあるよ。
バカだとは言っていない。そういうことをすぐに伝えない!(怒)」

「うわわ手帳」にも音の聞こえのことが書いてあります。
「自閉症感覚」にも記述がありました。
どちらも筆者本人が聴覚過敏を持っています。
世の中の音がどう聞こえているのか、少し理解できるかもしれません。




posted by miyuki at 21:33| Comment(0) | 聴覚過敏

2009年12月14日

小さい爆発音

聴覚過敏のあるリコは、花火や鉄砲の音、ガラスのまな板の音なんかが苦手です。
共通するのは急な爆発音でしょうか。
夏の夜の虫の声もかなり怯えますが、これは高い音だからかな。
苦手な音が急になると、全身でビクッと反応します。
肩をすくめて目をぱちぱちしてしまいます。

急な爆発音は大きな音でなくてもビックリするようです。

多目的用の空間の広いトイレで。
トイレットペーパーが無くなったので芯を外しました。
そのときにプラスチック製のトイレットペーパーホルダーが
カタンっ と乾いた音を出しました。
この音に全身で反応してしまいました。


車の中で。
新しく買ったアメは、片手でも開けられるパッケージです。
袋の左右を親指と人差し指でつまんで圧縮するとポンッとアメが出てきます。
このたった3pほどの袋がポンっと破裂する音にもビックリし
もう一つ開けようとするときは耳をふさいでいました。
(その後、自分で開けられるようになり「開けられた!」と克服していました)


ぎんなん。リコの好物です。
ミチがニンニクマッシャーでぎんなんを割る度に耳をふさいでいました。
posted by miyuki at 23:42| Comment(0) | 聴覚過敏

2009年11月28日

聴力検査

早速、専門医にすすめてもらった耳鼻科へ行きました。
アスペルガー症候群や自閉症、ADHD等に詳しい先生でいろいろとお話をいただきました。
ちょっと落ち着きのない子に難聴の子が少なくないとのことで、
とりあえず聴力検査をしました。
1才の頃続けて3回急性中耳炎で切開をしたことも、難聴の原因になっている可能性もある、と。
検査結果は、とってもよく聞こえていました。
ってことはやはり聴覚過敏で、高音域がよく聞こえているのだろうとのことです。
今通っている幼稚園はモンテッソーリ教育を行うところで、その環境が今のリコにはよく合っているのかもしれません。
静かな環境で、自由に自分の好きなもので遊ぶことができます。
だから小学校に入ると環境があまりにもガラリと変わるので、
たとえば全員で起立するときの椅子のガラっという音を不快に感じたりすることも出てくるかもしれないと。リコーダーの音を苦手とすることもあるそうです。
幸いリコの通う小学校では、机と椅子にテニスボールをはめてあり
音が軽減されています。
リコーダーもミチが吹いていたのは平気だったような…。



posted by miyuki at 23:39| Comment(0) | 聴覚過敏

2009年11月26日

耳のこと

近所の耳鼻科では検査をしてもらえないようでしたので、今日専門医にたずねてみました。
ちゃんとそれに詳しい先生がいらっしゃるもので、隣駅の耳鼻科を薦められました。
「聴覚過敏」と言えばわかります、と。それは話が早い。

聴覚過敏っぽいところはあるものの、普段の生活では特に困っている様子はありません。
イヤな音は?と聞けば「花火とピストル、あとはガラスのまな板」くらいしか出てきません。

でも今日はひとつ気になることがありました。
先生の話は聞こえる?と聞くと
「聞こえる。でもあとでなんて言ったんですか?って聞くと教えてくれるんだよ」と。
先生の話は聞こえるんだけど、何を言っているかがよく聞き取れないようなことを言っていました。
担任の先生には、年中の時そういうことを指摘され、もしもう一度聞いてきたときは教えてあげてくださいと伝えました。
そのおかげで、聞き取れなかったことを丁寧にまた教えてもらっているようでした。

うまく聞き取れなくてもう一度同じ事を先生に聞いたときに
「さっき言ったでしょ、ちゃんと聞いてなきゃダメでしょ」といわれるのと
もう一度説明してくれるのとでは、リコのストレス度がだいぶ変わってきます。
小学校の先生がそのことを理解して対応をしてくれるといいのですが。
先日の校長先生との面談は空振りでしたので、担任の先生が決まってから
また相談しないといけないなと思います。
posted by miyuki at 22:37| Comment(0) | 聴覚過敏

2009年11月19日

就学前検診

今日は小学校でリコの就学前検診がありました。
身体検査と簡単なテストです。
最後に希望者のみ心身の相談ができるとのことで希望を出したところ
通されたところは校長室でした。
校長先生と副校長先生と3年生の先生。
PTAでも時々顔を出すことがあるし、なんといっても消毒液事件ではだいぶ名を知られてしまったようだし
「PTAでもいつもお世話になってます○○です。」とマスクをはずすと
「ああ、あなた!」みたいなリアクションでした。。

校長先生はしょっぱなからリコに質問です。
どんな遊びが好きかとか、どこの保育園に行ってるかとかそんなことですが
リコは一切目を合わせず、返事もできず、私がフォローすることになりました。
カチコチですね。見知らぬおじさんが突然話しかけてきたんだから仕方ないね。
そもそも「どんな遊びが好きですか?」という漠然とした質問が最も苦手なんですから。

とりあえず今伝えたいことは聴覚過敏があるかもしれないこととストレスからくるチックのこと。
先生の声を聞き取れないことがあるかもしれないので、席は前目がいいかもとか
運動会のピストルは苦手だとか。
「アスペルガー症候群」について、あまり知識はなさそうに受け止められました。
聴覚過敏については検査をしてみてはと進められ、耳鼻科に確認しましたが
「きこえすぎる」検査はやったことがないとのこと。
聴覚過敏症は耳鼻科的な聴覚過敏と、耳の機能ではなく心理的な聴覚過敏の2種類があるといわれています。
どこで検査してもらえるんだろう。

まあ親が心配するほど、先生方は気にとめられていないようですし
大事に至らずうまく事がすすめばいいなあという、なんというか保身的な空気が漂い続けていました。



posted by miyuki at 20:33| Comment(0) | 聴覚過敏

2009年10月04日

ピストルの音

昨日の雨で延期になった小学校の運動会は今日開催されました。
PFAPAの発作熱が起こっているミチですが、朝は37度でしたので
一種目だけ参加しました。
リコとユイを連れて見に行きましたが、ちょうど5年生の徒競走をやっていて
スタートのピストルの音にリコがすぐに反応しました。
聴覚過敏があるとピストルの音は苦手な場合が多いようです。

遠くでなっているピストルなのですが、「どこでなってるの?」と
音が鳴るたびにビクッとしていました。
ピストルの音よりも、すぐ後ろのスピーカから流れる音楽の方が
断然大きな音なのに、それは平気なようで、
「ピストルの音が大きく聞こえる」と言っていました。
そのうち、私の陰に隠れるようにしてこっそりとピストルの様子をうかがって
小さくビクッビクッと音のたびに体が反応してしまっていました。

競争が終わりミチの出番。縄跳びを使って音楽に合わせて皆で縄跳び芸をやります。
音楽が始まると、リコがあわてて「ピストルはないの?」と
何度か確認してきました。

その後、ミチは早退のため先生と教室に行って着替えていたのですが、
その間に先生がリコに「お名前はなんですか?」と尋ねられたところ
リコはカチコチにかたまってしまい(一瞬逃げそうになり…)
母に促されて小さい声で名前を答えていました。
不意な話しかけは苦手です…。

posted by miyuki at 17:06| Comment(3) | 聴覚過敏

2008年11月26日

聴覚過敏のこと

リコは6ヶ月のころから、ちょっとした音に激しく反応していました。
プラスチックのテーブルと、プラスチックの器がカチッとぶつかっただけで
目をぱちぱちさせて不快なそぶりを見せていました。

最近ではプラスチックのぶつかる音程度ではなんともないようですが
ガラスのまな板と包丁が当たる音や陶器同士がが当たる音にはビクッとしてしまいます。
普通ではなんてこと無い音が、聴覚過敏の子には黒板を爪でひっかくときのような不快音に聞こえていると言います。

打ち上げ花火の音などの急に鳴る大きな音には、全身で拒否感を表しますが、
普段はとくに耳をふさぐようなこともなく過ごしています。

これはどういうことなのでしょうか。
聴覚過敏が小さい頃に比べて治ってきたと考えていいのでしょうか。

もしかしたら、多くの音を拾いすぎていること自体に慣れてしまって
雑音を雑音と思わないで過ごしているのではないか、とふと思いました。

話し声が割と大きい
テレビの音を大きくしたがる
声を掛けてもすぐ返事をしない
ピアノをヘッドホンを付けて弾くのが好き

というリコの特徴は、ザワザワとしたなかでとる自然な行動のように思われます。

幼稚園で先生のお話がうまく聞けないのも、大事な音を聞き分けることができないからなのかもしれません。
普通の声で呼んでも返事をしないのは、ザワザワに声がかき消されてしまっているからかもしれません。
夏の夜、窓を開けると聞こえてくる小さく綺麗な虫の音を、パニックになるほどに恐れるのは、必要以上に大きく不快な音に聞こえているからかもしれません。

そういえば最近、静かな雨の夜、雨が何かの物に当たる音を異常に怖がったことがあります。
周りが静かだと余計に際だって響くのかもしれません。


……

それで今日リコに「いつも周りの音、うるさい?静か?」と聞いてみましたら
「しずか」と言っていました。

ほんとのところはどうなんだろう。



posted by miyuki at 23:21| Comment(0) | 聴覚過敏

2008年11月20日

不安なこと

アスペルガー症候群の子どもが抱えている不安について。
(のび太・ジャイアン症候群4 ADHDとアスペルガー症候群
〜この誤解多き子どもたちをどう救うか〜より)

★変化に弱く、いつもと違うこと、慣れないことをやるのが苦手。
クラスがえや担任の交代があったとき、運動会や合唱コンクールなどの行事では、自分が何をどうやればいいのか予測できず、とても不安になる。

☆リコの場合☆
幼稚園でバスを待つ部屋が数週間ごとに変わりますが、はじめの頃は部屋が変わっても自分の教室に泣きながら戻ってきていた。慣れれば平気。
行事は平気だけど、その状況がよくわかっていないかんじ。


★周りの状況を見て、自分が何をすればいいのか判断する力が弱い。


★これまで経験したことを応用して行動するのが苦手で、様々な局面での融通がきかない。

★耳からはいる情報を処理するのに時間がかかるために、その場の状況を捉えることが苦手で、何をしたいのか、はっきりと分からずにいることが多い。

☆リコの場合☆
以前は話しかけてもなにも答えないことが多かったので放っておいたのですが、アスペルガー症候群傾向とわかってからは、反応が無いとき「わかる?」と聞くようにしています。
そうすると「わかんない」と言うようになりましたので、違う言い回しで説明します。
最近は自分から「なんの意味?」「わかんない」と言ってくれます。

★言葉を文字通りにしか解釈できず、通常の指示ではいつ何をすればいいのかわからないことがある。

☆リコの場合☆
言葉のとらえ方がおかしいなと思うことがたくさんあります。
細かすぎて思い出せません…

★叱られることが多いが、自分がなぜ叱られたのかわかっていないことが多く、恐怖心だけが高まってしまう。

☆リコの場合☆
幼稚園の先生に、水遊び、集まりが悪い、話を聞いていないと注意され一時期は先生を苦手としていました。アスペルガーの症状を伝えてからは、先生も気を配っていただいているようでリコもイヤだと言わなくなりました。


★感覚が過敏なために、おおぜいの子どもの声や、予期せず起こる物音、多すぎる光、人と密接していることなど、居心地の悪さが思いもよらぬ苦痛を与えている。

☆リコの場合☆
触覚過敏、聴覚過敏、視覚過敏があります。
さわられることが好きではないくせに、自分からは人の顔を触ったりします。


★自発的に発言して自分のつらい状況を説明し、周りの配慮をもとめるという力が乏しい。

☆リコの場合☆
説明力、まったくありません。。。
こちらが聞かなければ何も話さないと思います。
リコの気持ちを予測して、「こう思うの?」と言えば
それに対して答えてくれます。
posted by miyuki at 23:22| Comment(0) | 聴覚過敏

2008年10月24日

まだらな感覚

触覚過敏、視覚過敏、聴覚過敏がリコにはあります。
今朝も起きて来るや「まぶしい、電気消して」と騒がしいです。
こういう感覚過敏は、日によって時によってはは全くないこともあります。

今年の夏は、蚊に刺されたところにシャワーがかかると激しく痛がり
号泣し絶叫する日が続きました。
ある日、ワセリンを塗ってみたところ痛みを感じなかったようで
それ以降は自分でワセリンを塗ってシャワーを浴びていました。
シャワーの時間は一日の終わりで一番疲れている時間帯なので
余計に過敏になるようです。



洋服のタグも多くの服は「痛いから切って」と言われはずしてありますが
中には付いたままの物もあり、気にならないこともあるようです。
posted by miyuki at 08:38| Comment(0) | 聴覚過敏