2018年03月28日

集合時間

部活の公演会当日、保護者8:45集合、生徒8:50集合。
隣駅まで電車で一駅2分、駅の目の前のホール前に集合。
母40分には着きたいから32分の電車には乗りたい。
リコは「先生に早く来たらダメと言われたからそれは早い、乗らない」と一緒に出ることを拒否。
手伝いで来る予定の姉が一緒に行こうと誘っても「早い」と言う。
そしてパソコン開いて電車の時刻を調べだした。
早く着いたら駅のところで待ってればいいんじゃない、5分前行動は基本、
遅れるよりいい、一緒に行くよ。
という言葉は全部拒否され、とにかく50分きっちりにいかないと怒られるという。
出発時間も迫ってきてるのにかたくなになっていて、べつに一人で行けばいいじゃんと思うでしょうが
自宅周辺以外、方向が全然わからない。
駅はわかっても、どっちのホームに行けばいいのか、どっち方向に進むのか
何度言っても覚えられない。
なので隣駅でも一人では行ったことがないんです。
出かけなきゃいけないのに出かけようとしない方向音痴な人を、
連れて行けなさそうな焦りとイライラと怒りから
「もう先生に言う、先生の言葉をぜんぶ真に受けるから融通の利く言い方をしてください、って」
「だいたい先輩とか先生の言うことはいつも絶対で、それ以外にはすごい厳しい」(これ今は関係ない)
とぶちまけていたら「障害者扱いしないでよ!!」とキレてどこかに行ってしまった。
もう時間ないので母、姉は別々に出発。
もうしらない…
駅にはホールに向かう生徒たちが何人もいるし…ほんと馬鹿だな、なんで一緒に来ないんだよ…

姉から「リコ駅に向かって歩いてるのが見える」というラインをもらいほっとするのもつかの間
家で寝ている父から「リコが戻ってきてホールは右か左かって泣いてるけど、これ間に合わない先生に言って」というラインが。

あー駅でどっちかわからず戻ったのか。
先に着いた母は先生にその旨を連絡し姉に駅で待機させ、集合時間から数分後、遅れてリコが到着しました。

パニックになっていたはずのリコは皆の前ではそんな姿は決して見せない人なので
到着したときには何事もなかったかのような笑顔。
母にはチラッと怒りと困惑の目線。

まあ無事に公演には間に合ったわけですが、その後父から聞いた話。
パソコンで電車の時間を調べていた中身をみると、最寄り駅から遠い東京駅まで行って折り返して隣駅に行くっていう
果てしないルートが表示されていたと。

そして夜遅くすべてが終わって帰ってきた母の事務所は机のものがぐちゃぐちゃに捨てられたり
本が投げられたりした形跡があった。
これは怒りをぶつけた跡。ときどきやる。
これには今日最大の怒りが沸いて、ふらっと事務所に来たリコに怒りをぶちまけました。
お金と時間と命をかけてやっているものをやられたときの腹の立ち具合は
なにをもっても押さえきれないほど。

一連の様子を朝から見ていた下の小さな妹たち二人、
「かあさんとねえさんの言葉がきつい」と言っていたらしい。
そうだね、そのとおり、もう時間がないときに優しい言葉かけをする余裕は
1ミリもなかったよ。

一緒に行くという約束を前からしていて方向音痴のリコもそれで安心だと言っていたはずなのに。
今朝の事態はまったく予測できなかったな。


夜帰ってきたとき「朝(迷って)きつかった−」とぼやくリコ。
結局頑固になったおかげで、みんなに大迷惑かけて集合時間にも遅れたじゃん!
一緒に出ればスムーズにすんだのに。

「でも、みんな早く来すぎって先生に言われてたよ」

ってあくまでも自分正しい!皆早い!ってよ、おい!



posted by miyuki at 22:26| Comment(0) | 中二
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]