2014年03月24日

ピアノ練習

ピアノを弾くのが好きなようで、よく練習しています。
毎日欠かさず、自主的にやっています。
やりたい時にやりたいだけ、時間もおかまいなし。
夜9時を過ぎているのに、大きな音で弾き始めることもあり
注意されます…。

ブルグミュラがもうすぐ終わりそう。ツェルニーをやったりバッハもやるみたい。
時には発表会で弾くような楽しい曲を息抜きに、と先生が楽譜をくれました。
このくらいの曲だと数日で弾けるようになります。
ピアノがいい気晴らしになっているようです。

posted by miyuki at 19:01| Comment(0) | 10才 四年生の出来事

2014年03月07日

1/2成人式

10才、4年生は、学校で二分の一成人式というセレモニーが行われます。
教室で、10歳の決意を1分スピーチで発表するのです。
どんな大人になりたいか、または、将来の夢がテーマ。

当日の朝、「今日、お母さん来なくていいんだけど…
来ない方がいい…ほんとに来ないで。
どんな大人になりたいかはよくわからないし、
将来の夢は空を飛ぶことしかないし…」とぼやいていました。

親がずらりと見守る中、子どもたちは一人ずつ前に立って
事前に暗記した作文を発表します。
リコは何を書いたのか全く知らなかったので、
空を飛びたいとか言ったらどうしようと心配しましたけど…。

リコの発表は立派なものでした。

なんでも自分でできる大人になる、そういうテーマで発表しました。

今は親に頼ることが多いけど、大人になって独り立ちしたときに
困らないように、自分でできることを増やしていきたい。
小さい頃に比べたら、できることが多くなってきた。

そんなことを言っていました。


大人になったときに、一人になったときに。

その時のリコを想像して、自分であれこれできるだろうか、
困り感にさいなまされていないだろうか、支えてくれる人はいるだろうか、
幸せな時を過ごしているだろうか、
そんな思いが頭をよぎりました。

自分でできることが増えていることは、成長と共に確実に言えることで
本人も気付いているんだなあ。
できないこと、たとえば洗濯物たたみの手伝いとか、
妹ができるのに自分にはなぜかできないことを、
少し気にしているのかなと思いました。

こっそり参観する予定だったので、(実際はすぐにばれましたけど)
カメラも持って行かず…。

10年間経ったリコは、10歳らしく、立派に十分に成長していることを、
しっかり私の目に焼き付けました。



posted by miyuki at 11:33| Comment(2) | 10才 四年生の出来事