2013年06月29日

食事とテレビ

食事中に限らず、あまりテレビは見ないのですが(ドラえもんとくれよんしんちゃん以外)
時々、録画しておいたものを食事中につけて見ることがあります。
テレビをつけるときは、食卓のテーブル内で、確実に見える場所に微妙な移動が始まります。
今日は妹のユイが、いつもとは反対側まで移動して座りました、しかもリコの隣。
それでリコは一気に不安定になり「見えない、ユイがいるから見えない」と騒ぎます。

いや、見えるでしょう?

「ああ、見えるか」といったん騒ぎは治まりました。

その後、録画していたコントを見ていたのですが
「聞こえないから、わからない。おもしろくない。聞こえない、見ないモン」
とすっかりご機嫌が悪い。
音量が納得いく大きさではなかったことが不機嫌の原因か、
内容が理解できないからか。
とにかくテレビを見る雰囲気じゃない。
ブツブツと文句が続いたので、途中で消しました。
姉と妹は大ブーイングですが、ここでつけてもリコがさらに不安定になることを
知っているので、諦めてくれました。

テレビとリコって相性が悪いんですよ、とにかく。
posted by miyuki at 21:24| Comment(0) | 10才 四年生の出来事

2013年06月23日

大金は預けましょう

カバンに物をたくさん詰めて持ち運ぶのが好きなようですが、
友達と外で遊ぶときにもカバンを持っていくことがある。パンパンの…。
中身を気にしていなかったけど、姉の報告によると財布が入っているらしい。
しかもお年玉などでせっせと貯めた、全財産数万円が…。

無くしてしまったら一大事だと思い、父がリコを連れて銀行に貯金に行きました。

お金を銀行に預ける(実際はATMの機械に入れる)ことで
お金がどこにいってしまうのか、よく理解できなかったようですが
安全な場所(外に持ち出すよりは)に入れられてよかった。
posted by miyuki at 10:32| Comment(0) | 10才 四年生の出来事

2013年06月21日

一歳半検診、発達相談

四女のイマの一歳半検診がありました。
一歳半の発達の目安として、意味のある言葉4語・大人が言った名前の物を指さす
という基準があります。
イマはこれをクリアしなかったので、発達相談に居残りになりました。
犬、電車、滑り台、アンパンマン、車…などの写真を広げて
「アンパンマンはどれかな?」と聞かれます。で、イマは無視。
家でもそのようなことを試したことがありません。
絵本を読んでいても、なんか他のことに気が散ってあまり関心がないような。
発語は「でたー」「マンマ」「おかーさん」
意味が分かってるのかは不明です。やたら「でたー」と言ってますw。

発達には環境要因が大きく関わってくると思いますが、
イマの場合ほとんどの遊び相手は姉3人。
誰かがピアノを弾けば横にすわりボタン押し遊び、リコが膝に乗せて
宿題をやれば、一緒にえんぴつをもってお絵かき、
ミチがテスト勉強をすれば、机に登って机あさり…。

子どもは自分のペースで遊び、話すので文章が比較的長く
赤ちゃんの言葉の発達、特に単語と物を結びつけるには向いていません。
赤ちゃんと向き合って短い言葉を使って繰り返しインプットしていく必要があります。
イマにはそういう機会が少ないです。

その結果が今回の検診で現れたんだと思います。

必然的にリコの小さい頃と比較してしまいますが…
リコの場合赤ちゃんの頃から敏感さが如実に表れていましたが
イマにはそういう感じがないので、あまり心配はしていません。

ただいろんなレベルの発達の偏りがあるので、2歳でもう一度言葉の発達度を
みることになりました。

こんなことを子どもたちに話すと、3人の姉が入れ替わり立ち替わり
物の名前を大声で教えるようになり、ちょっとイマは迷惑そうにしています。



posted by miyuki at 21:57| Comment(0) | とりまく家族のこと

2013年06月11日

喉の敏感さ

リコには聴覚過敏、触覚過敏(皮膚の過敏)があります。
皮膚の過敏さは、小さい頃はタグが気になったり、靴下の縫い目や長さや圧力が気になったり、
ズボンや服の質感が気になったり…いろいろありました。
最近はそんなに気にすることなく、多くのものを着れるようになっています。

皮膚過敏のひとつだと思いますが、最近多いクレームが
油が気持ち悪い、というもの。
サバや鮭の脂、豚肉の脂、その他そんなに油あるかな〜という食材も
「油が気持ち悪い」と言ってあまり食べられません。
油のない部分でも、油が少し付いていると気持ち悪くなります。

ちょっと前、毎度クレームだった、パンは気持ち悪いというのは
最近少し治まりました。

一方、リコの喉の過敏さに最適な物があります。
「水ごはん」
水ごはんに目覚めたのは、もう幼稚園に入る前だったと思いますが
今や水ごはんのプロ。
ごはんはおかずと一緒に食べるものではなく、最後に大事にとって置いて
水と共に食べる。
これがリコの鉄則です。
ご飯そのものを味わって欲しいと思い、夜だけ水ごはんを許可していましたが
最近は朝でも昼でもご飯があれば「水」。
なみなみとお茶碗に注いで、お召し上がりになります。笑

九州の実家でもいつものように水をかけて食べていると
ババが
「ありゃ、リコちゃん、水でたべると?水でいいと?
(もっと美味しい物で食べたいだろうに、かわいそうに…)」
と哀れんでいました。

いえ、一番の好物なんですよ。水ごはん。
夏は氷を入れるとさらに美味しいね。
posted by miyuki at 08:41| Comment(1) | 10才 四年生の出来事

余裕のある時に

自分で選んだ通信教育を熱心にやっています。
朝食前の朝の20分でやることにしているので、早く起きて取りかかって欲しいのですが
朝の寝起きが悪い。
7時には着替えを始めて欲しいのに、通信教材が決まったところまで終わらないと
「絶対に」着替えない。
今日は着替え始め7時20分(-_-)遅すぎる。

こういう時のために、時間に余裕があるときに、少し先に進めておけば良いと思う。
何度もそれは提案しているのだけど、「テキストに書いてあるスケジュール通りにやるの」
の一点張りです。
だから、こういうふうに間に合わないときのために、一日分くらい先にやっておけば
楽でしょう〜?

熱心に取り組んでいて、とてもえらいと思うけど
ここらへんの融通のなさが、時々自分を苦しめているような気がします。

posted by miyuki at 08:27| Comment(0) | 10才 四年生の出来事

2013年06月09日

歯ブラシのつづき…

歯ブラシをずっと口にくわえていることが多くなり、
今朝はくわえたまま自分の机に座っていました。
がりがり噛んでるし…。

赤ちゃんの頃から6歳頃まで続いていた激しい指しゃぶりを思い出しました。
口の中に何かがある感覚が好きなんでしょう、きっと。
そこで、先の方まで全部がプラスチックでできた赤ちゃん用歯ブラシを
買って与えました。

haburasi.jpg


リコは大満足でずっとカリコリと口の中に入れています。

posted by miyuki at 22:07| Comment(0) | 10才 四年生の出来事

最近少し重い、今回はひどい

前回から7週半、また発熱です。
公園から帰ってきたミチに洗濯物たたみをお願いするや否や
「だるい…」とうつむいてくら〜くなって、ぐったりしたので
洗濯物ごときに!と思っていたところ、本当に熱がありました。
37.5度。

最近は熱も無くだるさだけで終わることも多かったけれど、
ここ数回、熱が微妙に出ます。

明日は保健体育やスポーツテストや技術など、大事なスケジュールが詰まっているらしく
「ムリしてでも行く!」と苦しそうに言っていました。
ちょっとしたことがすべて内申に響く、という学校側のスタンスが
こういうときに負担になります…。

仕方がない、そういう体なんだから、休めばいい。

それしか言いようがない。仕方がないんだよ。
長い人生を思えば、明日の何かなんてちっぽけなこと。

6/9 夕方37.5度 夜38.5度 喉の痛みはほとんどなし。
6/10 朝37.8度 昼39.1度(久々の39度超え)夜38.7度 
  熱が高くなればだるさが減る、と言ってます。?
  高熱でもインスタントのラーメン、焼きそばは食べられる。
  こういう時のみ許されるから、夢中で食べるw
6/11 朝36.8度 頭痛、喉の痛みひどい 昼37.5度 夕方37.2度 入浴 夜38度
  やっぱり明日もムリかな〜。
posted by miyuki at 22:00| Comment(10) | PFAPA周期性発熱

2013年06月07日

拍子抜け、ともいえる

朝、起きる時間が遅れがちですが、起きたら自分で希望した通信教育を
熱心にやります。
もう動物的に朝を過ごすことはありません(笑)
なにしろ自分で決めたことなので、真面目な性格なだけに、真面目に取り組んでいます。
ただ、起きるのが遅くて取りかかりが遅れ、そのまま終わるまで着替えないので
着替えの時間7時を大幅に過ぎ、15分頃まで着替えが始まらないことが多いです。
途中で止めることが難しい。
でも毎日、スケジュール通りに取り組んで、えらい。驚き。

火曜日の体操教室は学校の後そのまま体育館で行います。
その日は体操教室用の靴を持って行きます。
時間の感覚に乏しいリコは、曜日の把握、その日の授業の把握が難しいことがあります。
でも火曜日の朝は、誰も何も言わなくても、体操教室用の靴を持って行きます。
忘れたことはありません。うーん、えらい。驚き。

こうなってくると、リコが何がわかっていて、何がわかっていないのか
それが父母にはわからなくなってきている、ということになるのでしょうか。

posted by miyuki at 01:23| Comment(0) | 10才 四年生の出来事

歯ブラシが…

時々そういう時期があるのですが、歯磨きの時間がやたら長い。
今日は40分以上歯磨きを続けていたので、父が「もうやめよう」と何度か促しましたが
まだ終わっていないと言い張り、最後はババ(祖母)に声を掛けてもらいました。
ババの声かけはいつも効果てきめん。すぐに止めました。
おかげで、歯ブラシはすぐにボロボロになります。

足のツメも気になることが多く、さわり続けたり
毎日足のツメを切るよう要求してきたり…。

足のツメはもう切ったから、切れないよ。

そんな当たり前のことを言って、わかったというワケはなく…。
切るまで言い続けます。

今日は歯ブラシ40分+足のツメ切りのダブル攻撃で
大変だったーー。
posted by miyuki at 01:15| Comment(0) | 10才 四年生の出来事

2013年06月05日

ハグマシーン設計図

g1.jpg

g2.jpg

g3.jpg

テンプルグランディンが考案したハグマシーンの設計図を大学の先生からいただきました。
本人は特許はとらない方針なので、入手可能です。
A3サイズの用紙が10枚分、これをつなぐ必要がありますが
内容が細かくてまだ出来ていません。

細部にまで神経が行き渡った図面。几帳面さがよくわかります。
これを元に実際ハグマシーンを作った石井先生はすごい。
夫のDIY力もかなりのものだけど、この図面をみてできるのかどうかは?です。
posted by miyuki at 15:47| Comment(0) | 親の取り組み