2012年09月29日

運動会で感動したのは

運動会でした。
「運動会」とか「ピストルの音」とか強調すると良くないかと思い
あまり触れていませんでした。
で、前日に、念のため耳栓をカバンに入れるように勧めました。
するとやっぱり音のことが心配になり、明日は行かない!と言い始めました。

まあまあ、早く寝よう。

で、朝。

「今日は行かない〜」と起きてきません。

大丈夫だよ、たいした音じゃないよとなだめているうちに
みるみるテンションが上がり、元気に出かけました。

もう今年の運動会については先生にも特に話していないし
なるようになれ!という気分でした。
座席もピストルに近いところだし、徒競走はピストルだろうし。

そして第一種目は3年生80M徒競走。
ピストル大丈夫かな〜と心配していると、なんと笛!
今年も笛。それも3年生だけ。
パーンと響き渡るピストルは運動会らしさを盛り上げる
重要な役割を果たしていると思います。
そこがピーッと笛に置き換わり、なんとも脱力してしまうのですが
学校側の配慮に、涙が出そうになりました。

もちろん他の学年はすべてピストルです。
リコの学年だけ、一年生からずっと笛でスタートしています。

「なんでウチの学年だけいつも笛なの?」と思っている親御さんが
もしかしたらたくさんいるかもしれません。
リコのクラスにいる、もう一人のアスペルガー症候群の子は聴覚過敏はないようだと
リコが言っていたので、これはリコのために笛にしていただいているようです。

他の学年が徒競走の時は、耳をふさぐことなく微動だにせず
大丈夫なのかどうなのかを試しているようでした。
ピストルの位置から12メートル。なんとか大丈夫だったようです。



6年生のスタンツには多くの親御さんが「感動したね〜」と口々に言い合っていました。
実際のところ、スタンツより何より、徒競走が笛だったことが一番感動した出来事でした。



posted by miyuki at 16:02| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年09月21日

どうしても学校に行って欲しい理由

頭痛がする、だるい、熱があるかも、学校で咳がちょっと出る。
こんなことを最近よく言います。
学校でマイコプラズマ肺炎やインフルエンザが流行っているようなので
なにかの前兆かもしれません。
それか得意の不定愁訴。
暑い中での運動会の練習はリコにとっては相当に大変なことだろうと思う。
毎年この時期はグズグズとしてしまうのも仕方がない。
時々は学校を休ませてもいいかな〜、早退しても良いかな〜と思う。

でも熱もないのに一日家にいることを考えると、
まてまて、ちょっとがんばって行ってもらおうか、と思い直す。

学校でできなかった漢字や算数を、家でやるとなると親の負担はどどーんと増す。
姉ミチのように「これやっといてね」と言えばそのうち自分でやり終える人なら
いくら家にいようと構わない。
リコはそうはいきません。
放っておいても一人で過ごせるようになったけど、
何かをやってもらおうとするとなかなか難しい。
緊張感もないしダラ〜ンとできるし。
簡単な内容でも「わからない」と言い思考停止状態にすぐ入る。

だから勉強を効率よく進めるには、他人の目がどうしても必要になってくる。
となると学校に行って授業を聞くことが一番重要になってくるわけ。
学校では見違えんばかりの姿勢の良さで聞けるからね。

2才半の頃、リコを家に置いて仕事をすることができず
必死の思いで見つけた預け先では、結局朝から夕方までフルで預かってもらうことが多かった。
家にいると何かとお世話が大変だったな〜。
その大変さは、大きくなってだいぶ楽になったけど
やらなきゃいけない勉強が増えたから、今はそっちが大変。

知り合いの塾のおじいさん先生がタダで面倒見てやるよと言ってくれましたが
本人がどうしても行きたくないそうで…。

だから、できるだけ学校にはフルでいってもらいたい。

もちろん気持ちのスミには「学校は半分行ければいい」という思いを
持ってますけどね…。


posted by miyuki at 21:34| Comment(2) | 9才 三年生の出来事

2012年09月19日

ストレスの感じ方

リコはストレスを感じるとき、胸の上辺り(食道のあたり?)が
もやもやするんだそうです。

父母に怒られているときもそうなると。

先日は学校で、運動会のポスターに皆で絵を描くことになりました。
「キャラクターは描かない、運動会に関係のある絵」という先生の指示があったため
リコはオリジナルでなにかを描いたらしいのですが、まわりのお友達が皆
キャラクターを描き始め、どんどん描いてしまうので
リコは一つしかかけなかったのだそうです。
隣の子に「キャラクターはダメっていってるよ」と小さな声で言ってみたらしいのですが
それも無視され、仕上がったポスターはほとんどがキャラクターとハートでできたみたい。

その絵を描いている間中、胸の上がもやもやし続けたそうで…。
家に帰ってからも気になって腑に落ちない感じでした。

キャラクターを描くのは簡単。
自分で考えてモノを描くのは難しいんだよ。
リコにはその才能があるんだよ。

…とフォローしておきました。

posted by miyuki at 23:27| Comment(1) | 9才 三年生の出来事

お世話好き

幼稚園年少のころ、せっせとお友達のカバンの出し入れの
手伝いをしていると先生に言われました。
でもそのお友達はさっさとできる子で、手伝った後
自分の荷物の準備に30分かかることもあると聞きました。

どうやらお世話好きは生まれつきのようで、チワワにも朝晩
「ご飯ちょうだい」とおねだりされています。
お腹がすけばピアノを弾いていてもリコの元に行き「ご飯ちょうだい」といい、
構って欲しいときはリコにすりよって「触って」という。
エサやりにはこだわっているようで、一時期姉妹でローテンションでエサやりをやっていましたが
エサをあげたかどうかが常に気になって、トラブルが頻発したので
やはりリコの仕事と決めました。

四女のイマの相手もよくしてくれます。
コロンと倒れれば、あわてて座らせてあげたり、
膝にのせて長い時間話しかけたり、絵本を読んであげたり。
その間のリコはリラックスしてきゃっきゃと笑い、うれしそう。
泣き出しても母に助けを求めることもなく、新しい遊びで
機嫌を取り戻せる。
保母さんになれるかもよ。

楽しいお姉さんがいてよかったね。
posted by miyuki at 22:57| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年09月15日

身体症状

運動会の練習が始まると、だいたい体調が悪くなります。
全般的にはいいんだけど、不定愁訴が増える。

最近はトイレがやたら長い。どうやら頻尿、残尿感があるらしい。
少し前に膀胱炎になりかけてからずっと続いています。
病院では大丈夫と言われたけど。

ストレスからも頻尿が起こるらしいので、もしかしたら運動会が原因かも。

ダンスも楽しく踊り、学校にも嫌がらず行っているけど
やっぱりいろんなことが負担になってるのかもね。

チック、過呼吸、蕁麻疹、腹痛、吐き気、不眠。
幼稚園の頃から出る身体症状。
コレに加えて頻尿と残尿感。
気をつけないとな〜。
posted by miyuki at 00:56| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

花火とピストル

近所のコンビニの駐車場で友達と話していると、
コンビニの後方から打ち上げ花火が上がりはじめました。
昼間に。たぶん誰かがふざけてやってるんだろう。
結構な高さまで上がって音も立派。

そこら辺にいた子どもたちは「わあー」と喜んで見入りました。
一緒にいたリコもお友達と興奮気味に見ていました。

あれ、リコはこの音は大丈夫か?

そう思ってリコに「うるさいんじゃない?大丈夫なの?」と聞くと
花火からは目を離さず、「だいじょぶだいじょうぶ」と早口に言い
そうはいいながらも、パンパンパンとなる度に肩をすくめるような
ちょっと怯えたような仕草をしていました。

本当に平気だったのか、お友達がいたからちょっとがまんしたのかわかりませんが
素人の打ち上げ花火は大丈夫だったようです。

帰り道、「赤と緑のが出る花火はちょっとうるさかったけど他は大丈夫だった」
と教えてくれました。
花火の種類によって音が違うのね。

「ピストルの音は、さっきの花火くらいかな。だったらいいけど
前はばーーーんっておっきーーーーーな音に聞こえてうるっさいし
熱もでたからね…」

と、1年生のころのピストルのことを思い出してちょっと心配になっていました。

「聞こえすぎる耳は治らないの?」と聞くので
だんだん大きくなると慣れてくるらしいよ、と言いました。

今年も耳栓を使わせた方が良いかな〜と、今日の花火の様子をみて思いました。


posted by miyuki at 00:51| Comment(0) | 聴覚過敏

2012年09月12日

いつ勉強?

我が家では前々から、朝ごはんの前に30分(実質は起きるのに時間がかかりすぎて15分)
勉強するようにしています。
朝起きるのに時間がかかるし、起きても寝ぼけて機嫌もよくないリコに
算数をやらせるのは酷かもしれない、そう思います。
あまり考えなくて良い漢字の練習の方が楽かもしれない。
朝は楽ちんなものをやって、夕方算数に取り組むのが理想かな。

でも学校から帰ってくると、意外と時間がない。
おやつ食べて宿題やって、ピアノの練習して…そうしているうちに
もう夕飯になり、お風呂になり、歯磨き…。
結局宿題以外の家庭学習は朝の30分(実質15分)のみになってしまいます。

今日は保護者会だったので、いつもよりだいぶ早く帰宅してきました。
夕方遅くからはバレエ。それまではいつもより時間に余裕があります。
保護者会に行ってる間に、宿題とピアノ終わらせておいてね、時間があったら
社会のドリル置いておくから、と何度か念を押して保護者会に出かけました。

帰ってくると、リコはもうバレエに出かけていたので
夫にピアノやってたかなと確認しました。

どうだったかな〜、クモ見つけて戯れてたけど…。

7時半にバレエから帰ってきたリコに確認してみると
な〜んにもやっていませんでした(-_-)

2時間半、何してたの?と聞いても「ん?なにしてたかな〜」と言い
どうやらやっぱりクモに夢中になっていたらしい。大きなクモと。

結局ご飯の後、宿題、ピアノをやりもう寝る時間になりました。

こんな調子なので、やっぱり朝には一番大事な算数をやることになってしまうのです。
帰宅後にやる時間は、なぜか無い。
ちゃっちゃとこなせないと、なかなか難しい。
ちゃっちゃとやる人じゃないから、やれる分量も限られてくる。

だから明日も朝から算数やるか…。
posted by miyuki at 23:26| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

運動会の季節になりました

1,2年生のときに比べると、前向きです。今年の運動会。
カンフーダンスは家でテンション高く踊っています。
幼稚園の頃も、1、2年生も、運動会のダンスを家で踊ったことは一度もありません。
いつも本番でしか見ることができませんでした。
でも今年は違う。やたらテンション高い。
一年生のユイを巻き込んで、音楽に合わせて踊ります。
ユイがお風呂の時間で行ってしまうと、勉強中の姉の机の後ろで
激しく踊っていました。

大の苦手のピストルはやっぱり少し心配そうですが、
「今年は大丈夫かもよ」という母の根拠のない励ましに
「そんな気がする」と答えてくれました。

座る位置も決まりましたが、今年もピストルに一番近い…。
こればかりは運が悪いな〜。
去年の先生は考慮してピストルから遠いチームに振り分けてくれていたはずが
勘違いで逆の場所になってしまっていました。
3年生の先生には特に席のことまでは要望を出さなかったので
流れで決まり、ピストルに近い席。
たぶん徒競走も普通にピストルを使うだろうし。

でも、根拠はないけど、今年は大丈夫な気がするんだよね。
どうだろ。
posted by miyuki at 23:07| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年09月10日

忘れ物

リコが、今日は理科の授業で誰も忘れ物がなかったから
先生がすごいね〜って誉めてくれたんだよ、と話してくれました。

へえ〜、それはえらいね。
母さんはね、5年生の時忘れ物したから、掃除の時間に勝手に家に取りに帰ったんだよ。

と子どもたちに話すと、え?っと皆かたまりました。
で?怒られた?と心配そうなので

友達が勝手についてきて、なぜかその友達だけが怒られたんだよ。

側で聞いていた夫が「そりゃ御法度だろう」と呆れていました。

確かに今思えば、御法度だ。
今の子供たちとは時代が違うと言っても、今と同じように
学校の規則は当然ある。
子供が勝手に学校から帰ってくるなんてありえないし。

そんなルール違反を、なんとも思わずやった私はどうしちゃったんだろう。
節度を超えてしまった出来事は数え切れないくらいあるかも。
posted by miyuki at 23:00| Comment(0) | わたし本人のこと

2012年09月08日

先回りの術

実家の母が言う、リコにもっとやさしくしてやりなさい、と。

やさしくしていないつもりはない。
小さなトラブルが大きなトラブルに発展する前に、阻止したい。
消しゴム一個で、鉛筆一本で、大トラブルが起こる。
体が触れることで、号泣モノのトラブルになることがある。
大トラブルになって母までもキレてしまう前に、小噴火で終わらせたい。

だからトラブルの臭いがすれば「リコッ」と抑える。
そういうやり方が、身に染みついてしまっている。

理想は「○○しようね。」とやさしく促すこと。
「○○にしようか。」と別の案を示すこと。

でもね、これはなかなか難しいんですよ。
しつこく反論されたり、長引いたり。
そのうち別のトラブルになってしまうこともある。

いつもやさしく接するのは理想。そうでありたい。
でもそんな正当論を言われても、私にはこれ以上無理。



posted by miyuki at 00:16| Comment(0) | つぶやかせてください

2012年09月07日

その係は

クラスでかかり決めがあったようです。

「わたしはね〜、相談係になった!」

え?なにやるの?

「困った人とかが相談しに来たらアドバイスとかするの」

あれ、でもクラスで一番困ってるのはリコじゃないの?

「ええっ?(目まんまる)」


このとおり相談係というものになったそうです。
どんなアドバイスをくれるのか
ちょっと相談してみたいかもしれない。


posted by miyuki at 13:49| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年09月05日

電池

姉ミチの釣りゲームを姉の机から探し出し、こっそり使って遊びます。
先日もこっそり遊んだ後、電池がなくなって自分で替えたようです。
そして、ちょっと不安げに
「なんかね、カタカタするんだよね。電池は替えたんだけど。
それで動かなくなった。」
とつぶやきながら、こっそりまた元の位置に戻していました。

あまり気にとめず、そのままにしてあったのですが…

今日またこっそり引っ張り出し、遊ぼうとしましたが、
作動しません。

前と同じように「カタカタするんだよ、動かないし。電池は替えてある」と
父母の事務所に持ってきました。

振ってみると、カタカタ言う。
「壊れたのかな?壊れてたらお父さんが間違えてこわしちゃったことにすればいいよ」
と言いながら、電池の蓋をあけてみました。

denchi1.jpg

ん?なんかヘン。

denchi2.jpg

単三電池のところに単四電池が4本、おぼろげに入れてありました。

これじゃあ動かないしカタカタ言うね…。
正しく入れ直し、大喜びで部屋にこもってぐるぐる釣っていました。

posted by miyuki at 23:32| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年09月04日

社会

一学期の社会のテストが落ちていました。
点数は合計で7割くらいかな。
答えが書いていない欄があったり、下から選ぶものをオリジナルで書いていたり。

リコによると社会のテストは質問の意味がわからないことがあるとのこと。

たしかに、細かい地図がいくつか載っていたり、
問題が次々に文章で書かれていたり、全ての情報を正しく把握するには
正確さと忍耐が必要。
上の方にある地図を見ながら、下に書いてある文章題を読み答えを書く。
場所が離れている上、内容が細かい。地図は特にね。
リコにとっては、かなりの労力がいるのではと想像できます。

先日買った、社会の基本的な小さいドリルを試しにやらせてみると
2枚やるのに1時間以上かかっていました。

複数の情報を処理する力はやっぱり弱いかな。
こういうのは一緒にやらないと、負担が大きいかもしれない。


posted by miyuki at 22:57| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

円と球

tyokei.jpg

四角の中に入る言葉はなんでしょう。

答えは「直径」

3年生の2学期の算数は円と球で始まります。
だから家で予習。

一通り、中心、半径、直径を図を見ながら説明したあと、
四角に名称を書く問題。

簡単なはずなのに、動き無し。
何を考えているのか、考えていないのか、10分くらい動き無し。

だんだん「答え書いて、わかるでしょ?」とせかしモードに入る。
リコの機嫌も悪くなる。

「直径でしょ?書いて」と答えを言うと
石のようになっていたリコが
「ここが曲がってるからわからない」と言いました。

直径の下の、カーブしている線。ここからここまでですよ、の線。
これにひっかかっていた…。

そうか、早く言ってよ。
posted by miyuki at 22:49| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

蕁麻疹と膀胱炎

クローゼットの変身衣装を取って遊んだ夜から喘息気味になり
翌日には蕁麻疹も出てきました。
今朝は病院に行って、学校へ。
本当は休みたそうだったけど、給食が大好きなカレーとフルーツポンチだと説得し
4時間目の途中から出席しました。
「背中とか痒くなってきたら保健室行ってね。迎えにも来れるから」と
言い残し、教室に送りました。

そして5時間目の途中頃、
「背中がちょっと痒いみたいで、お母さんに言えば迎えに来てくれると言ってますので…」と
保健の先生から早速電話が入りました。

迎えに行けば元気いっぱいベッドに横たわっていましたが、
痒みがあるようなので早退しました。

で、夜の訴えは「オシッコがでない、ちょっと痛いし」と。
これは膀胱炎では?
また明日病院に行かなくては。もう明日は休ませよう。


母もよく膀胱炎になっていました。初めてかかったのは中学1年の頃。
激痛に驚き、なぜか親には言わず、仕方なく神頼みしたりしました…。

トイレに座っているリコが、ぽつりと
「神様っているかな?」
ときくので、いないんじゃないかな、わからないと答えると
「神様がいたら、治すように頼むのに〜」と言っていました。

リコと母、体質も似ていれば、思考回路も似ているようで。
posted by miyuki at 22:33| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年09月01日

2学期からの学習

今後のリコの学習計画

1、2年生は通信教育。量も程よくちゃんと毎月提出してしっかりやっていました。
が、ちょっと割高なため、3年から変更。
3年の一学期は塾で使われているテキストを毎朝こなす。
ちょっと小難しい問題も含まれ、朝からやるのはなかなか大変。

2学期からは、市販の教科書準拠のテキストとドリルを予習として使うことにしました。

本人は通信教育に戻して欲しいようですが、緊縮財政のため割安な方法で…。

算数は学校で聞き漏らしがあるだろうし、説明が理解できないことがあるようなので
予習を中心にやる。ちょっとひねった問題を見ると頭痛がしたり取り乱しがち。
でも頭の体操だと思って、時々取り組もう。

国語は微妙な気持ちの変化などをとらえる長文読解力が弱い。
漢字も惜しいところで間違いがある。「着」の目が日だったり。
昨日は着の下は「目」だと言い、翌日は「日」だと言い張ったりする。
あと間違いの多いのは「題」の日が口になってる。
遠い国は「通い国」と書く。
この間違いは何度やっても毎回間違える。
どうやったら記憶を更新できるんだろう。。。
長文読解の問題も少しずつやりたい。知らない言葉が出てくると機嫌が悪くなるのが難点。
漢字は同じ間違いを繰り返すことが多いので、忘れた頃に復習しなきゃ。

社会は苦手のよう。社会のしくみ、町の様子、そんなことは知ったこっちゃない、という心境?
これもドリルで補おう。

理科はわりと得意だし好きみたい。観察が好きだからね。
楽しくドリルもできそう。

***

実家で子供らがドリルをやっていると、ジジが
「オレは子供に勉強しろと一度も言ったことない」と威張っていた。
それはそうだが、私はたくさんの習い事や公文をやらせてもらっていたからね。
勉強しろとは言われないけど、習い事に通うことが、好きでやってるにせよ
半ば強制的なもので、頭を使うことが多かったと思う。

勉強に限らず、頭をめいっぱい使うチャンスを増やしたい。


この夏は東京→奈良→熊本→鹿児島の大旅行。
台風に遭ったけどね。
朝一番に足を踏み入れた唐招提寺は心が洗われるようだった。
すみ鬼に会えたし、鑑真にも会えた。

熊本では万田坑跡地へ。
そういえばリリーフランキーの東京タワーでは炭坑町の様子が
うまく描かれていたなあ。

鹿児島は指宿。知覧で青年たちの遺書をたくさん見た。

どの場所も見足りず。吉野ヶ里遺跡も行きたかったな。
年をとったからか、未来のものより過去のものに足が向く。
いつも未来を向いているのはこの人たち↓

natu.jpg



natu4.jpg
唐招提寺金堂

natu3.jpg
唐招提寺蓮池

natu2.jpg
指宿のたまて箱 車窓




posted by miyuki at 23:13| Comment(0) | 9才 三年生の出来事