2012年07月31日

社会

通知票の社会の単元は全部「普通」でした。
身の回りのあれこれ、つまりは社会を正しく把握するのは
リコにとっては苦手な感じ。

この夏休みは家に姉の友達などが集まって勉強会を開いています。
自分の宿題やらやりたいものを持ち込んで自習している。
そこにリコも混じって宿題などをやっています。

今日は社会のドリル。
社会常識がまるでないので、一人ではとりかかれません。
こんな時は父付き。
今日の内容は商品ができる課程や商品ラベルについて。

オレンジジュースの原材料に「みかん、ブドウ糖果糖液糖、香料…」
じゃあオレンジジュースの材料は?

「みかん、ぶどう」


じゃあ次は、消費期限について。
消費期限を過ぎたものを食べるとどうなるかな?

「死んじゃう」


消費期限010104の表示。
この数字は何だろう?

「おいおいよん」


消費期限030105っていつだろう?

「ずっと昔」



こんな調子で真剣なのかふざけているのかわからない
答えが続き、ちょっと緊張気味に静かに取り組んでいた姉グループは
一気に場が崩壊しました。


社会がんばろうっと。



posted by miyuki at 16:51| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年07月29日

トレーラーキャンプ

6人が寝れるというトレーラーに宿泊しました。
細めの2段ベッド、2つのソファーベッド、小部屋になってるシングルベッド2つ。
子供4人がどこに寝るか打ち合わせが始まり、各々好きなベッドが決まりました。
リコはいったん決めたベッドにささっと移動してみますが、すぐに
他の人のベッドが気になります。そして「あっちがいい」とゴネはじめました。
どう説得しても納得しないので、仕方なくリコの希望を通し、他の子供に変わってもらいます。
するとまた「やっぱあっちがいい」と始まり、まわりの者を振り回してしまいます。

もう、ワガママはやめて!小部屋のベッドにお父さんと寝るんだよ!!!と
母に強引に決められました。

あれもこれも欲しくなり頭が混乱し目は点になり、しばらく呆然としていました…。

そして、夜。

決まったベッドの小部屋は暑いだの暗いだの怖いだの、いろいろと言い訳を言い
ついには小部屋から出てきて床にタオルをひいて寝始めました。
もう、それで寝られるのならだれも文句は言わない…。


camp.jpg

posted by miyuki at 23:35| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年07月24日

始まったばかりです

夏休み二日目。

夏休みが8月いっぱい続くこと、つまりはトータルで40日くらいの
お休みだということ、つまり長いってこと、こういう全体像が捉えられていない
リコの不安。

「ね、旅行行くでしょう。だからもう宿題とかやれなくなる、早くやらないと」

旅行って、九州の旅行?それは8月の最後だからまだだよ。

「最初の旅行、一番最初の旅行。」

?次の旅行は明後日のキャンプだけど。

「それ、あさってかあ、もう帰ってこない?」

次の日帰ってくるから大丈夫。宿題はまだいーっぱいやる時間あるし。




そして、バレエのレッスンの帰り。

「夏休みが終わってから持って行く物がわからないよ〜〜、どうしようっ」

大丈夫、プリントに書いてある。それにまだまだ先の話しだし。


***

そういえば、昨日の英語のレッスンで新しい先生に自己紹介をすることになって
誕生日を言ったみたいだけど、5月15日と言ったらしい。
ホントは28日。15日の誕生日はユイね。
28日だよと指摘するとちょっとびっくりしたような顔してました。
誕生日、もう忘れないと思っていたのに。。。

posted by miyuki at 22:42| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年07月23日

近所で子供会のお祭り。数発打ち上げ花火も上がります。
リコが小さい頃、急に上がった花火にびっくりしてパニックになったお祭りです。
まだ聴覚過敏だと知らなかった頃かな。

8時から打ち上げだから、7時40分頃からソワソワしだし、
早く帰ろうとせかされました。
姉と妹は見たいというので、父と交代しリコと母だけ帰ってきました。

家に帰るとすぐにイヤーマフを付けて寝室に行き
窓越しに数発の花火を鑑賞。

きれいだった〜と満足げでした。
posted by miyuki at 20:36| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年07月20日

歩んでいます、あゆみ

通知票を舐めるようにチェックするようなことはしないのですが、
子供のテンションが高いので一通り目を通します。
リコは3年生になって、大へんよいの項目がぐっと増えていました。
先生が変わったから評価も変わるのかなと思いますが
本人もとても喜んでいます。
真面目にがんばっているからね〜。


持ち帰ってきたファイルの中にあった「一学期がんばったこと」の作文。
2つのことをがんばったとある。一つはリコーダー。
もう一つはノートにきれいな字を書くこと。
確かに最近、ノートの字がきれいです。2年生までは落書き並みの
乱れ方だったけど、急にきれいになった。
そしてリコーダーのくだりがおもしろい。

リコーダーの高い「レ」の音が大きくなってしまうので、
レの音をたくさん練習しました。それで練習をしたので、
ゆびに水ぶくれのようなものができてしまいました。
でも、レの音はいい音になりました。

posted by miyuki at 23:56| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年07月19日

まとめ、てしまおう

どうやらミチのPFAPAが治癒したようなので長年の大まかなまとめでもしてみるかな。

●3才ごろ〜発症

●幼稚園のころ〜39度の熱が2日〜3日。頻度は1〜2ヶ月ごと。

●1、2年のころ〜40度を超える熱が4日〜5日。頻度は2週間〜1ヶ月半。
このころが一番症状が重い。ぐったりすること多い。

2年生の後半ごろ、いつも通っている町医者に「PFAPA」ではないかと診断。

●3、4年のころ〜時々40度を超える熱が3〜4日。頻度は1ヶ月〜1ヶ月半。
症状が軽く(38度)済むこともある。熱が出る前にだるさ。時折重い症状。

●5年生のころ〜37度台で済むこともある。頻度は1ヶ月半。
全体的に症状が軽くなってくる。
5年生の冬から春にかけては2週間ごとに微熱、だるさを繰り返す。

●6年生春、出なくなった。

試した薬は、初めの頃は抗生剤(もちろん効果無し)、PFAPAと分かってからは
葛根湯や麻黄湯。これも効果無かったかな。容赦なく熱は上がりました。
プレドニンやタガメットは一度も試しませんでした。

約8年間、つらい熱によく耐えたな〜。

体が弱い、体力がない、風邪ひきやすい、体が小さいから…
そんな風にまわりには思われていたけど。
今思えば、咳や鼻水の出るような風邪はめったにひかない。

でも父の遺伝で喉は腫れやすいようだから、気をつけないとね。


***

今日は四女の7ヶ月検診に、いつもの町医者へ。
先生がちょっと触れば金切り声で泣き、耳をつんざく。
まだハイハイはしてなくてもいいとして、回転もしないと聞いた先生、
「ゆっくりだな〜、成長はデコボコしてて、あまったれだけどok」と。
あまったれがバレてしまったね。
いつもミチのPFAPAを気に掛けてくれて、今回は「熱が出なくなった」ことを報告。
一年生の頃はじめて診てもらい、PFAPAでは?と診断してくれた先生です。
熱で遠足に行けないときに「行かせてあげないなあ」と解熱剤をもたせてくれたり
何日も学校を休んでいても、もう一日休んで…と気遣ってくれたり。
熱が高ければ休日でも電話してくれました。
熱が3ヶ月出ていないことを聞いて、先生もちょっと嬉しかったかな?




posted by miyuki at 23:24| Comment(0) | PFAPA周期性発熱

お友達>保健室

今日は保健室行ったの?

「今日は行ってない、お友達と遊んでたから時間がなかった」

最近は保健室にあまり行かなくなりました。
休み時間に、近所に住むお友達と遊ぶようになったようです。
先生の取り計らいかな??
休み時間を楽しく過ごすようになってからは、保健室に行く頻度がぐっと減りました。

楽しい気持ちで一学期を終えられそうで、ほっとしています。

posted by miyuki at 22:50| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年07月18日

9才)点画

tenga.jpg
posted by miyuki at 15:13| Comment(0) | 作品集

2012年07月16日

バレエ休まず

4月から6月の3ヶ月間、バレエのレッスンを一度も休みませんでした。
熱が出ていた頃は必ず月に2回はお休みしていたので、なんだかウソのよう。
今年3月までは2週間ごとに熱が出たり、だるかったりでバレエを休んでばかりいたので、
簡単なクラスに変えてもらうことも考えていました。
「さぼり」なんじゃ?と疑って悪かった…。

先生方にも、ミチ熱でなくなったよねと言われることもあり
明らかに良くなっています。
これで、夏のキャンプも発表会も林間学校も旅行も
熱の心配しないで心おきなく?準備ができるね。
posted by miyuki at 11:52| Comment(0) | PFAPA周期性発熱

池谷裕二東京大大学院准教授の研究

PFAPAとは関係ありませんが、熱性けいれんの研究が発表されたので
記録。

GABAergic excitation after febrile seizures induces ectopic granule cells and adult epilepsy

Temporal lobe epilepsy (TLE) is accompanied by an abnormal location of granule cells in the dentate gyrus. Using a rat model of complex febrile seizures, which are thought to be a precipitating insult of TLE later in life, we report that aberrant migration of neonatal-generated granule cells results in granule cell ectopia that persists into adulthood. Febrile seizures induced an upregulation of GABAA receptors (GABAA-Rs) in neonatally generated granule cells, and hyperactivation of excitatory GABAA-Rs caused a reversal in the direction of granule cell migration. This abnormal migration was prevented by RNAi-mediated knockdown of the Na+K+2Cl− co-transporter (NKCC1), which regulates the excitatory action of GABA. NKCC1 inhibition with bumetanide after febrile seizures rescued the granule cell ectopia, susceptibility to limbic seizures and development of epilepsy. Thus, this work identifies a previously unknown pathogenic role of excitatory GABAA-R signaling and highlights NKCC1 as a potential therapeutic target for preventing granule cell ectopia and the development of epilepsy after febrile seizures.

. 発熱が原因で15分以上続く「複雑型熱性けいれん」を生後間もなく経験したラットは、脳の海馬に障害が発生し、てんかん発作を大人になって起こしやすくなることが分かった。池谷裕二東京大大学院准教授らの研究チームが米科学誌「ネイチャー・メディシン」に16日発表した。

 研究チームは、人間でも乳幼児期に経験すれば同様の現象が生じる可能性もあると指摘。「海馬の障害を防ぐことが、てんかん予防につながるかもしれない」としている。

 池谷准教授らは、人間の乳幼児期に当たる生後11日目のラットの体温を40〜42度まで上げ、複雑型熱性けいれんを起こさせた。その後、海馬を調べたところ、神経細胞が本来の位置とは違う場所に移動しており、過剰に興奮しやすい状態になっていた。実際に16匹のうち8匹が、成体になってから、海馬の異常が引き金となる側頭葉てんかん発作を起こした。 

[時事通信社]

池谷氏のツイッターより補足。

熱性けいれんの多くは単純型で安全です。今回の研究は複雑型と呼ばれる一部の熱性けいれんで、後遺症についても動物実験の段階。ヒトでの検証にはまだ時間がかかります。ベンゾジアゼピン系やバルビツール酸系の薬物が処方されても医師の指示どおり服用を続けてください

posted by miyuki at 11:44| Comment(0) | PFAPA周期性発熱

2012年07月11日

昼寝

ほぼ毎日保健室に通っています。
プールをやって頭がガンガンしたり、お代わりしすぎて気持ち悪くなったり。
なにかしら不調を感じて、保健室に行きます。

今日は食べ過ぎた後保健室。
ベッドに寝せてもらい、5時間目はすっかりお昼寝をしたらしく…。
お友達が迎えにきてくれたそうです。

学校から「支援希望」の用紙をもらったので、簡単に書いて
先生に渡してくれるよう本人に頼んだら、絶対に渡さないと言います。
こんな支援はいらない、と。
学校ではできるだけ「普通」であることに努めているので
特別な配慮はいらないし、提出は恥ずかしいという思いがあるようです。
封筒に入れて渡せばよかった…。
仕方がないのでこっそり姉に先生に渡してくれるよう頼みました。

たしかに学校ではトラブルも起こさないし、極端に大人しくすることで
何の問題もなく進んでいるようにみえる。
でも、毎日の保健室行きを先生たちが認めてくれるのは
リコの状況を知っているからだよ。
多くの配慮があるから、学校に通えるのかもよ。
体調悪くなるけど…。

お昼寝して「きもちよかった〜」と明るく話せたことはよかった。
保健室に行ける環境でよかった。




posted by miyuki at 00:03| Comment(2) | 9才 三年生の出来事

2012年07月05日

呼び出しは2回程度で

以前は父、ユイ、リコで一緒に入っていたお風呂も
トラブル多発のため最近はリコは一人で入っています。
自分で洗えるし上がって拭くこともできる。
でもこの人がそんなにスムーズに行くはずがありません。。。

風呂に行ってしばらくすると、呼び出し音が鳴ります。

チャラララ〜ン お風呂で呼んでいます!

もう一回押せば、また

チャラララ〜ン お風呂で呼んでいます!

「あ、リコが呼んでる」と父が様子を見に行きます。

で、呼ぶのはいいんだけど、呼びすぎる。

チャラララ〜ン お風呂が呼んでいます!というのが終わる前に
何度も立て続けに押すので、平和なリビングには

チャラララ〜ン、チャラララ〜ン、チャラララ〜ン、チャラララ〜ン、
チャラララ〜ン、チャラララ〜ン、チャラララ〜ン!!!

と鳴り響くのです。

1、2回控えめに呼ばれれば「あ、行かなきゃ」という心境になりますが
こうも続けてしつこく鳴ると、人ってのは無視したくなるものなんです。

何度も鳴り続けたあと、しぶしぶ父が様子を見に行きます。
用事は「こわい」んだそうで。

昨日もいつものように連続チャラララ〜ンが鳴っていたので
父は、久しぶりに家に帰ってきた義母に
リコが呼んでるから「だいじょうぶ」と言ってくれる?と頼み
義母が「りこちゃ〜ん、大丈夫よ」と声を掛けると
チャラララ〜ンが止みました。
posted by miyuki at 09:11| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年07月03日

爆発、私。

めずらしく、小学生新聞の記事をリコが読んでいて
「分からない言葉がいーっぱいありすぎる」と言うので、聞いてよと言うと
「マインドコントロールって何?教団って?寄付って?」と
どうやらオウム真理教の内容…。
あれこれ説明し、頭のいい人が結構マインドコントロールされて
はまっちゃうんだよ、と言うと
「じゃあ、ちょっとかわいそうだね」と。
確かに、かわいそうかもしれない。

***

今朝は何が問題かというと、まあいつもの姉妹の小競り合いや
ちんたらしているイライラ感や、タイミング悪く疲れがピークだったことで
大爆発しました。私。
ピアノの椅子の上にリコのランドセル、その上にユイのランドセルが載り
ユイがランドセルを開けてなにかを準備しているところ
リコが怖い顔してなにか不満をいいながら、自分のランドセルを引っ張ったので
ユイの中身が全部落ち、ユイは泣き出し…これをきっかけにキレました。
出て行く!なんて言ったって、赤ん坊つれて行くところもなく。
キレすぎて目眩がしまして、一日具合が悪かった。

夜、フランスのルルドに一人旅に出ていた義母が帰ってきて、
私の仕事机にお土産を置いてくれました。
ブルーの石にマリア様の刻印のネックレス。
私は無宗教だけど時々、心のよりどころになるもがあるのは
うらやましいと思うことがあります。
先日他界したおばあちゃんは悲劇が起こったときには熱心にお経を読んでいました。
そして義母も教会で夫と対話し心の平安を保っているように見えます。
私は…?

今日の一日の出来事を、まあまあそんなに怒りなさんな、と
小さなマリア様に言われているような気分になり、
なんかちょっと気が晴れました。

omiyage.jpg

***

私が小さい頃から、私の父は「死ねば石ころ」とよく言っていました。
魂なんてない。
神社に行っても決してお参りすることはない。
自分の親の葬儀でも、手を合わせない。
子供の頃から苦労して自分の手で今を築いてきたから
神頼みなんてありえない。
そんなところで育ったもんだから、すっかり無宗教のわたし。
私のよすがはどこに?

posted by miyuki at 23:32| Comment(0) | 9才 三年生の出来事