2012年06月28日

お好きに

アスペルガー特有のこだわりなのか、なんなのかよくわかりませんが
何度言っても同じことを確認してくることがあります。

昨年の夏は、毎朝暑いのに「上着着ていく?」と確認していました。
あとは頭付きの魚が出ると「目、食べられる?」
鯛のようなぶるんとした目ではなく、サンマやアジのような小さな目で聞いてくる。

そして最近の確認事項はししゃも。
「頭、食べられる?」

毎回、必ず聞いてきます。

はじめのころは「食べても良いけどちょっと苦いかも、硬いところもあるよ。取ったら?」
とイチイチ説明していました。

でも最近は「頭、食べられる?」と聞かれれば
父母で「食べられない!!」と即答です。

ま、食べたけりゃ食べればいい。
お好きにどうぞ、という心境ですが、面倒なのできっぱり言ってます。
posted by miyuki at 23:00| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年06月26日

折りボラ

子供の通う小学校には親が中心になって活動しているボランティア組織がいくつもあります。
いつも熱心に活動されていて、頭が下がります。

休み時間の過ごし方について時々考えますが、こんなのはどうでしょう。
折り紙ボランティア、略して折りボラ。

ある部屋に毎日ボランティアの親がいて、そこでは折り紙をやれる。
休み時間に過ごす場所に困った子や、折り紙が好きな子はいつでも
そこに来て遊んでいくことができる。

お友達と来たら、お友達同士で折り紙をやればいいし、
一人で来た子は大人と一緒に折り紙をやる。

こんなことをはじめられたらと秘かに思っていますが…。


休み時間の過ごし方に困っている子は、ウチの子供ら意外にもいるんじゃないかな。

子供は元気に外で遊べ!

こんなふうに長い休み時間を、子供の自主性だけに任せていては
こぼれ落ちてしまう子の居場所がなくなってしまいます。
アスペルガーにとっては、こういう十把一絡げな発想が負担になる。
大人の介入で、こぼれた子が救われることもある。

多様な子供に対応して、学校も休み時間は放置するばかりでなく
遊びをリードすることがあってもいいのではと思います。

posted by miyuki at 22:32| Comment(0) | 私たちの思い

ひとりぼっち

最近保健室に頻繁に行くようです。
昨日はめまい、頭痛、だるさなどで4時間目と5時間目に保健室行き。
給食は3倍もおかわりしたとか。
熱もないのにベッドに横たわらせてもらっていたけど、
8度の熱の子が寝るベッドがなく、交代したんだとか。
保健室行きが日常化しているので、いちいち本人から報告はないのですが
昨日はちょっと違う。
「学校やだな〜」付き。
休み時間になると皆だれかと外に行ってしまい、一人になってしまい
カイコを観察して過ごしているけど、やっぱり淋しいと。
そうだよね…。

別にいじめられているようなこともなく、誰とも一切喋らないというわけでもなく
きっかけがあれば笑ったり話したりしているようだけど、
休み時間は仲良しさん同士で鉄砲玉のように外に遊びに行ってしまいます。
だれかといっつも仲良しでいるお友達はいないので、こういうときに
一人になってしまうのです。

特定の仲良しさんなんかいない方がいい!!と自分の経験から
声を大にして言いたいところですがまだまだ3年生。
一匹狼で堂々としているには若すぎるかな。

姉のミチも休み時間の過ごし方にかなり悩んで、一時は不登校になりそうになりましたが
一人で図書館に行くとか、教室で本を読むなど一人でも時間をつぶせるように勧め
実践していた時期もあります。
大人気?の嵐の歌を教室で集まって歌い出すとか、テレビの話で盛り上がれば
気分がどーんと重くなり、図書室に避難していました。
でもミチには器用さと賢さがあり、性格もサバサバしているので
そのうち気の合う人を見つけうまくやるようになりました。

リコはその点、コミュニケーションがうまくないので結構深刻。
一人で図書館にも行けないし。
とりあえず、姉と図書館や校庭で待ち合わせて淋しさを感じないようにすることを
ミチにお願いしました。

担任の先生にもリコの体調の悪さの原因を伝える手紙を渡しました。
新担任になってから2回目の手紙。
いつも親身によく理解していただけます。
休み時間は教室に残らず外に出て遊ぶ、と学校で決められているようですが
今後はその決まりはなくし、もっと柔軟性を持たせてくれるようです。
とはいっても、休み時間のひとりぼっちはかわらないと思いますが。
教室に残る人が増えれば、少し話すこともできるかな。

今日は数人でカイコを中心に楽しそうにしていたらしいです。
posted by miyuki at 22:14| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年06月23日

終わったとしたら

春以降、周期性発熱の発作が起きていません。

でも今朝、息の臭いがちょっと違っていたのと、午前中、算数やった後少しだけだるくて37.1度。
でもお昼には平熱になり、元気にバレエに行きました。

熱の出る前兆か、算数でぐったりしたのか。

PFAPAについては予後が良いという理由からか、あまり研究がされていないと言われます。
8才頃には自然治癒すると言われているし。

ミチは既に11才。なかなか治らず、治る見込みがないのではと
気が重くなることもありましたが、いまのところ明らかに改善しています。

小柄なミチは136p 27キロ。
だいたい8才くらいの体型なのかな。
8才というより体の大きさで治るものだったりして。

次の熱はいつごろだと、毎回予測して、近づくとちょっとドキドキする。
そういう心配がないのって、いいなあ。



posted by miyuki at 14:41| Comment(0) | PFAPA周期性発熱

2012年06月21日

昨晩は台風。
夜は毎日イヤーマフを付けて寝ます。幼稚園の時に買った子供用のイヤーマフ。
新しいのは当たり具合が気に入らないみたい。
結構な圧力があるので、親が寝るときにこっそり外します。

昨日もぐっすり眠っていたので外そうとすると、

やめてやめてやめてやめて〜外さないで!ずっと寝てないから!!やめて。

とばたばた騒ぎました。

大丈夫だよ、寝てるから。

と外すとそのまますーっと眠りに戻りました。
ほっ。

台風の夜はもちろん、風が強い日は特に怖い。
なんでもない日も夜はこわい。
イヤーマフと体を挟む抱き枕2個がないと眠れないんです…。
posted by miyuki at 23:05| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

9才)ライオン

おすすめの本を紹介するプリントの宿題。
(本当は学校に持って行ってやるはずが、本を忘れたので宿題に)
最近やっている割り算の筆算にだいぶ手こずっているため、今日は宿題の後に
筆算の練習をすることになっていました。
のぞくと静かに宿題をやっていたのでしばらく放っておきましたが一時間経っても
音沙汰ないのでもう一度のぞくと、まださっきと同じ本の紹介をやっていました。
えらく時間がかかるな〜と思ってのぞき込むと、ライオンの模写に夢中になってました。


lion.jpg

宿題はさっさと終わらせて筆算をやりたかったけど、ま、いっか。
こんなにライオンが上手く描けるのは、リコの才能。
そっちが大事。
posted by miyuki at 22:47| Comment(0) | 作品集

感動のとき

赤ちゃんの鼻が詰まったとき、直接口で吸う勇気はないので、
ウチでは代々、赤ちゃんの鼻水取りは「鼻水トッテ」というものを使っています。
ポンプで吸い取るタイプもいくつか使いましたが、この鼻水トッテの方が
断然いい。
息を溜めて、一気に吸い取ることができるし、よく吸える。

hanamizu.jpg

3人使ったものはさすがに古くなってしまったので、新しく買いました。
そして買った物を、洗面台に置いておきました。

学校から帰ってきたリコ、すぐさまそれに気付いて
「わぁ〜、きれい〜!」と感動のことば。
むき出しになったプラスチックのカーブの部分にあたる光のスジに
うっとりと見とれました。
鼻水トッテごときにこんなに感動できるとは、この人の感性は
ただものではないかもしれない…。
posted by miyuki at 00:10| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年06月18日

6ヶ月半

2ヶ月ぶりの循環器検診。
体重6740g。小柄なのは家系。姉妹の中では良い育ち。

3ミリの孔のまわりにできていた突起物はさらに大きくなり
このままうまくいけば閉鎖するかもしれません。
突起物のおかげで、血液の漏れる量も減っています。

心臓の大きさも問題なし。

次は4ヶ月後の検診でokとのこと。
その頃は、RS予防接種が始まる時期だなぁ。

10月まで、風邪をひいた時用に薬を処方してくれました。
「病院には来ない方がいいです、病気もらっちゃうから」
と先生。
赤ちゃんが小さいうちは39度を超えると病院行きを迷います。
イマも2回、39度を超える熱を出しました。
でも、水分を取れていること、意識がはっきりしている、
顔色が良い、そういうところをみて自宅療養してしのぎました。

一人目のミチの時は、ちょっとしたことでオロオロしてましたが
そろそろどっしりと構えられる母になってきてもいいかもしれないな。
posted by miyuki at 19:59| Comment(0) | 心室中隔欠損症

2012年06月13日

カイコの一番後ろの足

リコはクラスに友達はいないと言います。
確かにつるんでいる人がいません。
だから休み時間は必然的に一人になる。
長い中休みの時間、何をしているのかというと、一人で校庭を歩いたり
しているらしい。
ちょっと淋しさがあるようだけど、一方でお友達と話すことも疲れると言います。

今、教室でカイコを育てています。自分のカイコがいるので
校庭から桑の葉を取ってきて与えます。
休み時間、本当は教室に残っていてはいけないけど、一人で外に行くのもつまらないので
最近はカイコを観察しているようです。

リコの熱心な観察によると、カイコは前に進むとき、
まずは一番後ろの足から動かすらしい。
するとぐにゅっと背中が曲がって、曲がったところは白くなるんだそう。

脱皮を繰り返し日々大きくなるカイコがとてもかわいいらしく、
さわっちゃいけないと言われているけど、ちょっと触ったりしているみたい。

いい暇つぶしの相手がいてよかった。




posted by miyuki at 23:25| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年06月07日

シューズ

金曜日、シューズの袋だけを持って帰ってくることがあります。
靴箱でシューズを入れ忘れてくる。
姉のミチは6年間そういうことは一度もない。
一年生になったばかりのユイもまだそういうことはない。

また忘れてきたのでなんで入れ忘れるのか、一応聞いてみました。

「体操服の袋かと思っちゃうんだよね〜」という言い分。

シューズ袋を持って帰ってください、といわれそれは持って教室を出るけど
靴箱で、肝心のシューズを入れ忘れる。
シューズ袋を教室から持って出てきている、という意識を少なくとも
靴箱までは維持していないといけません。
そういう継続した意識が苦手。忘れん坊と言われる所以だね。

日曜日の夜に、そうやってシューズをなぜ入れ忘れるのかという話を
リコとしました。
そしてその後、暗闇の中ベッドで赤ん坊を寝かしつけていると誰かが
「シューズは?シューズがないけど」と言ってくる。

…誰?リコ?

「リコだけど、シューズがないけど」という。

シューズはついさっき、一緒に持って帰ってくるのを忘れた話をしたよね。
もう忘れてしまっている。
忘れてしまっているんじゃない。正しくは、つながっていない。
意識が連続していない。

「あ、そっか、エヘヘ」と立ち去っていきました。

最近「私は忘れん坊なんだよね、担任の先生もものすごーっく忘れん坊なんだって」
と言います。
どうしたらいいもんだかねぇ。
posted by miyuki at 23:35| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

9才)花

hana.jpg

hana2.jpg

大きなカレンダーの裏にめいっぱい細かい花。
書いたあとはぐったりとしていました…。

posted by miyuki at 23:15| Comment(0) | 作品集

2012年06月05日

偏頭痛?

3時間目ごろから気持ち悪くなることは良くありますが、
ここのところ時々頭痛を訴えます。
先日のスポーツテストの時のシャトルランの最中、頭痛がして
気持ち悪くなりました。
今日も3時間目から気持ち悪く体育を見学し、給食の頃には治りました。
そして夜のお風呂ではめまいがし、少し吐き気もあるようです。
どんな「めまい」なのか聞いてみましたが、うまく説明できず。
一つの物を見ようとしても見れないと言います。
ふら〜っとする感じではないみたい。

病院に行ってみようかな。
posted by miyuki at 22:45| Comment(0) | 9才 三年生の出来事