2012年05月29日

面談

学校の先生との面談でした。
一日を通して、緊張した顔をしているとのこと。わかるな〜。
時々笑顔が見られると「やった!笑った!」といった心境になるそうです。

提出物や宿題など、逐一「こういう理由でできなかった」とか「こうだったから後でやる」とか
説明に来るそうです。
「このアンケートは絶対に出さなきゃいけないわけじゃないからね!」と説明して配られた
任意提出のアンケート用紙に関しては「親に書くように頼んでいるけどまだ書いていない」と
気にしていたようです。
きっと怒られるかもしれないという恐怖心が、こういう細かい説明行動に出るんじゃないかな。

町探検では水筒持参のはずなのに、なぜか「弁当がいるかも」と気になりだし
どう説明をしても納得してくれず、やっと当日の朝に
「もう弁当は作っていないから、もし弁当が必要だったらお腹痛いと言って帰ってきて」と
無理矢理説得し納得してもらいました。

全体を通して、細部の理解ができていないのかなという気がします。

休み時間についてはリコ本人の話によると、一人で校庭を歩いたり、
グローブジャングルを回したりしていて基本的に一人で過ごすことが多いようです。
それが楽なのだと言っています。

2年生の時は静かな場所を求めてトイレや階段に潜んでいることもあったようですが。
静かな場所が必要だったら、比較的静かな廊下や階段にいていいということを
本人に伝えますとおっしゃいました。

新しい先生もよく理解をしていただけるようで、よかった〜。

posted by miyuki at 23:31| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

9歳になりました

日々トラブルは起こっていて、最近ちょっとトラブルが多めのリコですが
9歳になりました。
この日の朝も中くらいのパニックを起こし、朝食を軽く投げましたので
めったにキレない父が怒り、ババのいる別の部屋で朝食となりました…。

9歳の誕生日プレゼントは顕微鏡。

kenbi1.jpg
Kenko ドゥネイチャー 携帯型顕微鏡STV-40Mコンパクト

kenbi2.jpg
コンテック LED付コンパクト顕微鏡 HE-18

2つ合わせても2711円。
安いのになかなか楽しい。気軽にいろいろのぞける。

リコは毎日ふとんのダニ探しに夢中。今のところ対面してないようで。。。

そもそも誕生日の朝にパニックになったのは、この顕微鏡が原因。
前日のパーティーで渡し、姉妹たちもちょっと使わせてもらったのですが、
朝起きてみると、ライトが点けっぱなしになっていたらしい。
自分で消し忘れたかもしれないのに、姉のせいだと思い込み
「ミチが消してなかった、わあああああああん」となってしまった。
電池変えれば大丈夫だよ、という慰めも耳に入らず、朝食の時間に
ベッドにこもって泣いていました。
もう、時間もないのに朝っぱらからこの状態では…。

いつもよりちょっとトラブルの多かった誕生日の朝でしたが
楽しい顕微鏡ももらえたし、学校にもいつも通り行けたし、
なにはともあれおめでとう。
posted by miyuki at 23:12| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年05月26日

もしやこれは

最近熱が出ません。
治ったのかしら。ついに治った??
posted by miyuki at 23:09| Comment(0) | PFAPA周期性発熱

2012年05月20日

踊り子

バレエの発表会で踊る「踊り子」を踊っている姿を初めて見ました。
バレエのレッスンは基本的に見学しないので、数年ぶりにリコの踊る様子を見たといえます。
速い曲で、動きも細かく、先生も「大丈夫かな〜りこ」とおっしゃっていたので
なんとなく想像はついていましたが。
膝はガクガク、流れについていくのが精一杯といったところ。
足上げはワンテンポ遅れてるし。
かろうじて踊りの全体の流れは覚えているようでした。
それでも、家ではあんなにダラリンとしか動けない「あのリコ」が
踊り子に必死に取り組み、ここまで複雑な動きをする姿には感動すら覚えてしまいました。

先生に、お風呂上がりに練習するようにしてると話すと
リコはマイペースだから無理しなくていい、あまり負担にならないようにしたい
とおっしゃってくれました。(踊り子の時点で既に負担ですが…)
学年が下のこと一緒にやることも考えたそうですが、やっぱり一緒にやってきたクラスで
やったほうが、本人のモチベーションも上がるだろうと、あえて踊り子にしたそうです。
踊り子の中では学年が下なので、少々できなくてもokとのこと。

そうはいっても、踊らなきゃいけないからな〜。
遅れが目立たないように、やっぱり家で練習。
一歩遅れている足上げは、家でやってもやっぱり遅れている。
全身のコントロールが苦手なので、バレエの基本のしっかり膝を伸ばすとか
つま先を伸ばすとか、できてない。
片足で全身を支える足上げは、足の力とバランスが必要なのに
どちらも欠けているので難しい。

でもやらなきゃ。
なんとか形にするために、一緒にコツ探し中です。
posted by miyuki at 22:54| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年05月18日

リコが風邪で学校を休んだ日、朝の時間が楽だーーー!
ということに気付きました。

6時半に起床、7時までドリル。7時半までご飯。
7時50分まで歯磨きとラジオ英語。
朝の1時間半は盛りだくさん、とっととやらないと事が詰まってくるわけです。
朝のドリルはテキストを母が机に準備。
(○○のテキスト持ってきて、と言ってスムーズに持ってきたことはない。それで時間は過ぎていく。)
今やってる内容が最も苦手な時間と時刻の問題なので、
遅々として進まない。わからないのでゴネも入り、母は限界になり父が登場する。

7時、着替え。
着替えて欲しい時間に、ゴネていると石のように動かず早くとせかす。
着替えるときにソファーに横になる癖があり、それで着替えにやたら時間がかかる。
「あ、ソファーに寝ないで、立って着替えよう!!」と大声で声かけ。
「なんでよ!うるさい!」とか言われながら…。

7時半、歯磨き、髪の毛を結ぶ。そして英語を聞く。
こちらも姉のミチがやっていたようにはスムーズに進まない。
とりあえず聞いて何度か声に出して読む。
「さあ、やろう!」と一度声をかければ、さっさとやれる姉ミチと妹ユイにくらべ
リコはその何倍も声かけが必要。
次第に声もかれてくるし。

朝の1時間半は毎日のリズムが崩れないように、鞭で尻をたたくのが母の仕事。
ドリルも英語も夕方にまわせばいいんだけど、学校から帰ってきたリコは
疲れてさらに大変なので、まだ元気な朝にやっています。

リコのいない朝の支度は、静かでスムーズで、
いつも母の中にある無意識の石ころのようなモノがないことに気付きました。








posted by miyuki at 13:54| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年05月14日

まわりのこと

リコは「今日誰かお休みいた?」という質問にスムーズに答えられたことがありません。
一年生のユイでもスラスラと答えられます。
リコの友達に聞いてもやはりサラッと答えます。

時間をかけて思い出させてみても、結局お休みはいたみたいだけど、誰かはわからなかったり
お休みの人がいたかどうかも分からないこともあります。

最近バレエで発表会の練習が始まりました。リコが一緒に踊るメンバーは8人。
ずっと同じクラスでやってきた子ばかりです。
で、「今日は○ちゃんも一緒に練習やった?」と聞いてみると、これにも答えられません。
「○ちゃんはいなかったの?」と聞くと「いたかな〜、いなかったかな、わからない」と言います。
たった8人しかいないのに、なぜわからないんだろう。不思議だな。

まわり全体を把握するのが苦手なのは知ってるけど、そこまで把握していないとは驚きです。
学校でもバレエでも自分のやることに必死なのか、まわりに関心がないのか
記憶力がないのか。

posted by miyuki at 17:07| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年05月07日

暗くして休憩

今日は遠足でした。天候も良く、外で思いっきり遊んできたようです。
頭痛がするほど遊んだらしい。
帰ってきたリコは疲れのため、目が点になって反応が悪い…。

ピアノの練習やってね、にも 朝の残りの漢字やってね、にも無反応。

仕方がないので、小さなソファに丸くなってバスタオル2枚を顔まで掛けて
休憩中。

復活しますように…。
posted by miyuki at 17:21| Comment(0) | 9才 三年生の出来事

2012年05月01日

気を遣えない人

お風呂上がりに妹のユイがトマトジュースを飲みたいと、
ベランダにある缶ジュースを取りに行きました。
慣れない手つきで缶をを自分で開け、
「缶の蓋が中にはいっちゃった」と言いながらコップを用意していると…。

そのスキにリコが自分のコップを用意し、ユイが開けたジュースの8割方
注いでテーブルについて飲み始めました。

やっとコップを準備したユイに残りを注ぐと、ほんのちょっと。
なんてこった。ユイは悲しそう。
「ユイが取ってきたのにねぇ、もう一回取ってきてくれる?」
とユイをフォローしました。

この一連の出来事の、自分の行動のおかしさにリコはやっと気づき
母がユイの味方をしていることに、態度を硬化してしまいました。

トマトジュースを自分が飲みたかったのはわかるけどさ。
もう少しまわりが見えるといいんだけどね。

知人が「自分の子は体も気も使えないから頭を使うしかない!」と
中学受験を考えていると言っていました。
リコはまさに「気の遣えない人」なんだな。
悪気はないんだよな。
posted by miyuki at 23:57| Comment(0) | 9才 三年生の出来事