2012年02月28日

おやすいご用で

赤ちゃんが楽しめるように、鈴の付いたヒモを天井からぶら下げたいと思い
ヒモを探しました。
毛糸があった。ええっと鈴は…。
そうだ、こんなときはリコに聞いてみるのが一番!

リコに鈴を持ってないか聞いてみると、即座に「もってるよ、いろいろ」と答え
持ってきてくれました。

さすが宝集めの女王。
学校からもらったもの、道で拾った物など数個の鈴が綺麗な入れ物に入れられて
きちんと保管してありました。

一つ大きな鈴をもらってヒモにつけて、楽しいおもちゃのできあがり。

suzu.jpg
posted by miyuki at 10:23| Comment(0) | 8才 二年生の出来事

ぼくはビースト

beast.jpg

姉のミチも2年生のころに読んだ本。
リコも図書館で6冊くらい借りて読みました。

学校のスピーチではこの本の紹介をしたようです。

「怖いときや寂しいときに読むと元気が出ます」と
みんなにスピーチしました。
posted by miyuki at 10:16| Comment(0) | 本・絵本

2012年02月27日

発熱

25日 口内炎
26日 だるさ 朝37.2 夜37.5
27日 だるさ 朝36.7 昼37.5度 夜37.3度
インフルエンザで欠席が多く学級閉鎖。
28日 朝36.7度 昼37.4度
posted by miyuki at 10:53| Comment(0) | PFAPA周期性発熱

2012年02月12日

燃えますよ

リコがチョコを溶かしてお菓子を作るというので手伝いました。
チョコを湯煎で溶かすので、小鍋に火を付けて沸騰させていて、
ふとコンロにめをやると、リコはコンロに体をぴったりとくっつけて
小鍋の中の水の様子をまじまじと見ていました。
沸騰させるために強めの火にしていたので、小鍋のまわりにも火がはみ出していて
あと一寸のところでリコは燃えるところでした。
なにやってんの!と慌ててひっぱってものすごいテンションで注意しました。
もちろんリコは固まっていましたが。
コンロに体をくっつけてはいけない。10センチ以上近づいてはいけない。

一つのことに夢中になると、それ以外に意識が回らなくなることが多々ありますが
今日はほんとに危険な一瞬でした。
あーもぅ。
posted by miyuki at 21:34| Comment(0) | 8才 二年生の出来事

2012年02月09日

お礼カード

クラス委員から先生にメッセージを書くためのカードが配られました。
4月になればクラス替え。

先生になにかメッセージ書いてね。

「え、なにかくの?」

絵でもいいし、楽しかった思い出とか書いたら?

「2年間ありがとうございましたでいいの?」

そうだね、それだけじゃ淋しいから絵とかもかいたら?

「鉛筆で書く?」

鉛筆よりペンとかの方がいいんじゃない?

「お名前ペンで書く?」

お名前ペンは使わないで、色のついたサインペンとかは?

「サインペンないもん、鉛筆で書く?」

ペンは窓の近くにあるよ。

「2年間ありがとうございましたでいい?」

絵も書いたら?

「うんていの絵でいいの?」

いいよ。


そんなやりとりの後、できあがったカードは
うんていの周りで遊んでいる鉛筆のイラストと
「2年間ありがとうございます。」のペン文字がありました。

ありがとうございま「した」、じゃない?

「…あ、そっか」

ま、いっか。

***

裏には母よりお礼を。

先生の細やかな配慮のおかげで楽しい学校生活を送れたことに感謝。
この先、先生のような理解のある先生に出会えることを祈るばかり。




posted by miyuki at 22:06| Comment(0) | 8才 二年生の出来事

2012年02月08日

何熱?

7日朝から発熱。前回のPFAPAは25日だったから2週間しかたってない。
普通の風邪かと思ったけど、鼻水もないし食欲もあるし。
「前回が軽かったから続きじゃない?」と本人は言ってますが…。

7日 朝37.2度 昼38.2度 夜37.8度 葛根湯
8日 朝36.8度 昼37.5度 夜37.8度 葛根湯
9日 朝36.8度 昼38度 夜37.9度 

3日目にして大量の鼻水が出てきた。こ、これはインフルではないのか?
予防接種してあるから軽く済んでるとか?
ミチの熱では病院に行かないことが多いけど、今回は検査した方がよさそうかな。

10日 朝37.4度 インフル陰性 昼38.2度 夜37.7度
11日 朝36.6度 昼37.2度 夜36.9度

やっと治ってきたみたい。
今週は4日学校を休みました。
2週間ごとに体調不良で休んでます。
posted by miyuki at 20:56| Comment(0) | PFAPA周期性発熱

2012年02月07日

行けませ〜ん

姉のミチはPFAPAではなさそうな熱でお休み。
四女のイマは予防接種。
三女のユイは幼稚園から帰ってきて暇。
いつもはフリーの夫はおばあちゃんの葬儀で留守。
ついでに雨。

そんな中、保健室から電話があり
リコが頭痛と吐き気を訴えているらしい。熱は無し。
またですか。
風邪が流行ってるからかなあ、ストレスかなあ。
最近の口癖は「家で勉強したいなあ」だしなあ。

いずれにしても、この状況ではお迎えに行けそうにないので
6時間までいてもらい自力で帰ってくるよう伝えてもらいました。

自力で帰ってきたリコは、元気な様子です。
さて、明日学校行けるかな〜。


posted by miyuki at 16:39| Comment(0) | 8才 二年生の出来事

大正2年

大正2年、第一次世界大戦の頃に生まれたウチのおばあちゃんは、
ミチくらいのときに関東大震災を経験し、わたしくらいのときに第二世界大戦で疎開し
3人の息子たちを育てながら高度経済成長期を生きぬきました。
一時は中央線沿いでカフェを経営し、有名な作家が立ち寄り映画話に花を咲かせたり
息子が銀座でトンカツ屋を始めれば女将として切り盛りし、ハツラツと暮らしました。
その後はアパートで一人暮らし。
私が夫を通じておばあちゃんと知り合ったのはこのころ。
おばあちゃんのアパートの隣に部屋を借り、時々おばあちゃんの部屋でご飯を食べたり
買い物を手伝ったり、庭で土いじりをしたり、日曜日にコーヒーを飲んだり。
血縁のない私を、いつも自然に受け入れてくれました。
江戸っ子で口は悪いけど、逆にそれが心地よく、遠くに住む実家の両親のあれこれや
困ったことに耳を傾けユニークな答えをしてくれました。
どんな悩みにも味方になってくれて、ついつい込み入ったことまで話したくなる。
ミチともいつまでも遊んでくれ、イタズラにも寛大。寛大すぎるくらい。
小さいことは気にしないしケチケチしない。やりたいことはやらせる。
どうせミチは全部食べられないから、と私があんみつを小分けして出そうとすると
「全部出しなさいよ、残したっていいじゃない」といい、子供が喜ぶことを第一に考える。
きっと息子たちにもそうやって接して来たんだろうと感じる。
おばあちゃんも含め大家族で同居して8年。
ミチ、リコ、ユイと一緒に何度食事をしただろう。
何度遊んでくれただろう。
98才のおばあちゃんは昨日、義母に手を握られて人生を終えました。

私にも子どもたちにもずっと優しかった。寛大だった。
おばあちゃんのように子供と接することが出来たら、子どもたちはもっと
のびのび出来るだろう。
楽しいことが増えるだろう。
おばあちゃんを見習って、私も少しは寛大になれているかもしれない。
でももっと子供に寄り添うのがおばあちゃん流。
おばあちゃん目指してがんばるよ。




posted by miyuki at 00:20| Comment(0) | とりまく家族のこと

2012年02月01日

早退

2時間目の算数の時間から気持ちが悪くなり
保健室で休んだ後早退しました。
熱は37度。
帰って来るなり豆を食べ、お昼ご飯も食べました。

赤ちゃん用の隔離室に「病児隔離室」と貼られていて
リコが以前に「なんて書いてあるの?」聞いてきたので説明しました。
リコは「私も病気になったらここに入れるの??」となぜか大喜び。

今日は「あの隔離部屋にいてね」と言われ、「やったー!」と
漫画本をたくさん持って入っていきました。

インフルエンザが流行ってるけど。
気持ち悪い時はだいたい精神的な原因が多い。
今回は久しぶりだけど、なんだろう。

***

夜になっても熱は上がらず、隔離終了。
しぶしぶいつものベッドで寝ました。
でも明日はお休みしよう。
毎月姉のミチが周期性発熱でお休みしているのを
ちょっとうらやましそうに横目で見ながらも
がんばって学校に通っているからね。
たまにはお休みしよう。
posted by miyuki at 14:25| Comment(0) | 8才 二年生の出来事